私、「おはぎ」も「ぼたもち」も大好物です。

和菓子を選ぶならおはぎかぼたもちです。

おはぎとぼたもちは、似ているようでいて実ははっきりと違いがあります。

確かにそっくりなんですが、食べる季節や作り方そして栄養面などで違いがあります。

彼岸に深く根ざしたおはぎとぼたもちは、私たちにいろいろなことを伝えています。

おはぎもぼたもちも、花に由来するとても風情のある食べ物です。

日本人ならではの感覚で作られてきたおはぎとぼたもちについて、書いていきたいと思います。

スポンサーリンク


おはぎとぼたもちはお供えする季節が違う

今は1年を通じて、おはぎもぼたもちも手に入ります。

年間を通しておはぎやぼたもちを食べているために、季節と関連した食べ物だと分からなくなっています。


実は、おはぎもぼたもちも美味しいだけではなく大事な意味がこめられています。

おはぎとぼたもちは、お供えする季節によって違いがあります。


もともと、秋の彼岸に供えるのがおはぎです。

おはぎは、秋の収穫を祈ってお供えされていました。


いっぽう、春の彼岸に供えるのがぼたもちです。

.春に豊穣を祈るために、ぼたもちがお供えにされました。


おはぎやぼたもちの原料のあずきや米は、古来よりたいへん貴重な食べ物でした。

先祖供養や五穀豊穣を祈願して日本人に大切にされてきた歴史があります。

例えば彼岸は先祖を敬い、生前お世話になった方に再び巡り合うのが本来の意味です。

「あずき」と「米」を合わせるのも、再会の意味が含まれています。


先祖と再会し、無病息災でいられるように春と秋の彼岸におはぎやぼたもちを供えるわけです。


見事な色彩の花が楽しめる春の彼岸が私は好きです。

これから1年無事に過ごせるよう毎年願をかけるという意味では、春にぼたもちを食べるのが個人的には気に入っています。


「今日彼岸 菩提の種を蒔く日かな」  松尾芭蕉


有名な句です。

春に1年の抱負を立てて、新しい気持ちで種を撒こうというのがこの句の意味するところです。

ぼたもちをお供えするのは、春らしく、新しい気持ちでスタートしましょうということです。


季節の違いについて見たあとは、食感の違いを見ていきましょう。

おはぎ ぼたもち 違い

おはぎとぼたもちは甘みや食感が違う

おはぎとぼたもちの甘みや食感はどう違うのでしょう。

おはぎとぼたもちの甘みや食感は材料の使い方やつくり方で違ってきます。


歯ごたえがあってしっかりとした食感なのはおはぎです。

つぶあんは砂糖の吸収が悪いため、ぼたもちより使う砂糖の量が多めです。

おはぎは米の芯が残っている場合が多いです。

ちなみに、つぶあんと米のつぶつぶ感が65%の日本人の好みに合うようです。


しっとりとしてなめらかなのは、ぼたもちです。

こしあんは砂糖の吸収がよいため、おはぎより使う砂糖の量が少なめです。

ぼたもちは米を餅と同じくらいまで柔らかくつきます。

こしあんと餅状の米のやわらかい感じが好みな人は、日本人全体の35%程度だそうです。


こうして並べて見ると、食感の確かなおはぎに人気がありそうです。


おはぎとぼたもちの食感や味の違いは、あんや米の使い方の違いです。


私はぼたもちもおはぎも両方好きですが、どちらかと言えばなめらかなぼたもちが好きです。

満腹感が欲しいときはおはぎ、お茶受けなど、あっさりとした食感が欲しいときはぼたもちとで食べ分けています。

食感の違いについて見たあとは、どんな花をイメージしておはぎやぼたもちが作られているか違いを見ていきましょう。

スポンサーリンク


おはぎとぼたもちは花のイメージが違う

おはぎとぼたもちは、異なる花をイメージして作られています。

また、あずきの使い方において大きく作り方が違っています。

おはぎ ぼたもち 違い
萩の花のように小ぶりに作るのが、おはぎです。

秋はあずきの収穫期に近いため、そのままあずきをあんに使うことが出来ます。

新鮮なあずきをつぶのまま使うのは、秋の小さな萩の花をイメージして作るのに適しています。



おはぎ ぼたもち 違い
牡丹の花のように大きく作るのが、ぼたもちです。

あずきの収穫期から時間が経っているので、固いあずきの皮を取り除いたあんを使います。

豆類が多いと食べにくくなるので、大きな牡丹の花のイメージして作るなら、つぶしたあんを使うのも理に適っています。


おはぎは萩の花、ぼたもちは牡丹の花をイメージしてつくられていますが、もともとはぼたもち(牡丹餅)のほうが先に生まれたようです。

どちらの花が好きかによりますが、大輪の牡丹の花(ぼたもち)のほうが、より見栄えや食べ応えがあるのではないでしょうか。

作るのが簡単そうに見えるおはぎやぼたもちですが、花をイメージしていたとは、日本人らしい発想だと私は思いました。

イメージする花の違いについて見たあとは、栄養の違いを見ていきましょう。



おはぎとぼたもちでは食物繊維の量が違う

あずきには健康を増進する作用があります。

昔あずきは薬として輸入され、当時はたいへん珍しいものでした。

あずきの皮には水に溶けにくい食物繊維が豊富です。


では、おはぎとぼたもちを比べた場合、どちらが健康に良いでしょう。


おはぎにはあずきの皮が使われています。


おはぎは収穫期の新鮮なあずきを使うので、食物繊維が豊富です。


ぼたもちに使うあずきは、皮が取り除かれています。


あずきの皮にはたくさんの食物繊維が含まれていますが、収穫期から時間が経ってしまうと、固くて食べられなくなります。

皮と一緒に、大切な栄養素も取り除かれてしまうので、おはぎのほうが、今だに根強い人気があります。

問題は豆類の消化の悪さですが、せっかく摂取した食物繊維も、あずきの消化が進まない限り、効果が薄くなってしまいます。

一般に、皮が含まれているおはぎのほうが健康に良いと言えます


ただし、胃腸の調子が悪いときは、ぼたもちを食べるとよいかもしれません。

あずきの皮を取りのぞいたぶん、たしかにぼたもちには食物繊維があまりありません。

ですがぼたもちにも、人が体内で合成出来ないアミノ酸がたくさん含まれています。

たとえばぼたもちに含まれているアミノ酸のリジンは、脂肪の燃焼をうながし肝臓の機能を高めてくれます。

皮を取り除いたあずきにも、ちゃんと栄養がたくさん入っています。


実は私は、肝臓の機能が弱い体質です。

ぼたもちによって肝機能の改善が期待出来ると知って意外でした。

私も、おはぎもぼたもちも大して栄養の違いはないだろうと思っていました。


栄養の違いを見たあとは、最後におはぎとぼたもちの共通点ついて見ていきましょう。

スポンサーリンク


縁起の良さから見るおはぎとぼたもち


おはぎもぼたもちも、ともにたいへん縁起の良い食べ物です。


たとえば、牡丹の花は生命力が旺盛で、大きく赤い花が特徴です。

牡丹の牡の字は繁殖を、丹の字は紅を意味しています。

管理の仕方いかんでは牡丹は二季咲き(春と秋の終わり)もします。

おそらく最初は、春と秋に二度咲く牡丹の花を、ぼたもちは形どったものです。


萩の花も挿し木でどんどん増やせる元気な植物で、きれいな紅の花をたくさん咲かせます。

小さな赤い花が、秋にたくさん花を結ぶことから、おはぎはつぶのままの赤いあずきを形どったものでしょう。


昔は赤い色の食べ物は、魔除けになると信じられていました。

おはぎとぼたもちには、子孫繁栄とあずきの厄除けの意味が感じ取れます。

おはぎもぼたもちも縁起のよい食べ物で、ともに幸福を願う気持ちが込められています。


おはぎもぼたもちも、どちらを食べても幸せになれます。


古来より、彼岸に特別なお供えとして使われていたぼたもちでしたが、砂糖が安く手に入るようになった結果、味の良い、庶民的なおはぎに座を譲るようになったと考えられます。

花も糖分も、一般に人を幸福にしますが、おはぎもぼたもちも、普段のおやつとしてこれからも愛されていくでしょう。


以上、おはぎとぼたもちの違いについて見てきました。

おはぎ ぼたもち 違い

おはぎとぼたもちの違いは?食べると幸せになれるのはこっちのまとめ

今回の記事はお役に立ったでしょうか。

普段食べ慣れているせいか、おはぎもぼたもちも区別が付きにくかったかと思います。

今は季節と無縁になってしまった感がありますが、お月見の団子と同じく、おはぎもぼたもちも季節の食べ物でした。

昔から大切に扱われてきたあずきを、ふんだんに使ったおはぎやぼたもちには、日本人ならではの工夫がこらさられていたのですね。

人気があるのはおはぎですが、ぼたもちも時々食べてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


by はぐれ鳥

スポンサーリンク