長期に渡り、大学受験予備校で英語の講師をつとめてきましたが、難関大学の英語のことで、生徒さんの悩みをたくさん聞いてきました。

圧倒的に多い質問は、英文が読めないということでした。

私なりに、なぜ生徒さんが英文を読めないのだろうと考えて、覚書きとしてまとめていったところ、思い当たる理由が浮かびあがってきました。

難関大学の英語には一定の傾向があり、受験生の皆さんも、知識としてあらかじめ知っておくほうがよいと感じましたので、本記事を書いてみることにしました。

まず、難関大学の英語はどんな試験であり、出題される英文は受験生のどんな能力をはかろうとしているかについて説明し、どう対応していけばいいのかまとめてみました。

以下の記事を参考に、難関大学の英語を突破するさいの参考にしてみてください。

スポンサーリンク


難関大学の英語が難しいのには理由がある

私も体験から知っていますが、難関大学の英語の勉強で悩んでいる方や、適切な学習法を教えてもらえなかったために、成績が伸び悩んでいる受験生もたくさんいます。

特に難関大学を英語で受験する人は、役立つ情報が手に入りにくいため、自分で学習するのが難しいのがよく分かります。

そこで、難関大学の英語が難しい理由をあげ、そして難関大学の求める英語の力とは何かなど、役に立つ情報を以下に書いていきたいと思います。

難関大学の英語はなぜ難しいのか

難関大学に出題される英文は非常に読みにくいですよね。

難関大学の英語を難しくしている理由の1つに、英文の読みにくさが真っ先にあげられます。

どうして、読んでも分からない難しい英文が出題されているか、考えてみましょうね。

結論から言えば、受験生の力を調べるために、単に日本語に訳すだけでは、意味が分からない英文をわざと出題しているからなんです。

これはどういうことかと言うと、英語に慣れた人が訳しても、日本語にしたとたん、意味が分からなくなるということなんですね。

つまり難関大学の英語は、受験生が辞書を引いて、訳文を作る能力があるかどうかを確かめる試験ではないということなんです。

難関大学の英語の試験の選抜基準は、辞書を使って英文を読み解くような学生は必要がないということなんです。

はっきりしてるのは、英語の文章を構造としてとらえることが可能な学生を欲しがっているわけです。

ここで言う構造とは、英語の構文に対して、しっかり理解している学生をさしています。

試験時間の中で、全ての設問に答えるためには、すべての英文を訳す時間はありません。

英文解釈の要所要所に、構文の理解がしっかり出来ているかの設問が入っています。

つまり、英文の意味が分かる学生が欲しいというより、英語の文の構造が分かる学生がほしいということですね。

通常の英文なら、構造を考えなくても意味がとれます。

難関大の英語の試験では、構造が分からないと意味がとれないような設問が出題されます

それが分かっているかどうかを調べるのが、難関大学の英語と言えます。

限られた試験時間の中で、難関大学が受験生に要求している力は何か、まず知っておくのがとても大事なんですね。

難関大学の英語の読解で問われるているのは

難関大学の英語を読んで、単に日本語として意味の通る訳文を作ることだけを大学側は求めていはいないんです。

分かりやすく言えば、訳文を書かずに難関大学の英語を理解できますか?ということなんですね。

訳文を書かずとも、難関大学の英語を理解出来なければ、入学することが出来ません。

難関大学の英語で要求されるものを理解するには、以下の図式が参考になるかと思います。

英語→日本語→意味、ではなく

英語→意味→日本語
英語の意味が英語のまま分かるから、必要なら日本語に訳せる
という意味です。

前者なら、辞書を使って訳文を作れば、十分合格するんですが、後者の場合、英文の構造に対して理解していないと歯が立ちません。

つまり、英語を英語で理解することが求められているわけなんです。

日本語の能力を調べる試験ではなく、英語そのものの能力を判定する試験なんです。

辞書を使えば意味の通るやさしい英文を出題することは少ない、とも言えるんですね。

構文がわかっていれば、英語の意味はあとからちゃんと理解することが出来ます。

文章の成り立ちや形が、英文の意味より重要視されるのが難関大学の英語です。

それなりに難しくて手強い試験なんですが、あとで攻略のコツなど書いていきますので、ぜひ読んでみてください。

以上見てきたように、難関大学の英語が難しいのには理由があるとお伝えしました。

つぎに、難関大学の英語が難しい人に共通する勉強法を見ていきましょうね。

難関大学 英語 難しい

難関大学の英語が難しいと感じる人に共通する勉強法

では、実際のところ、難関大学の英語が難しいと感じる人はどんな勉強をしているケースが多いのか、以下で見ていきましょうね。

難関大学の英語が難しいと感じても辞書は引かなくてよい

意味が分からない単語を見たとき、多くの人が辞書を引くと思いますし、これはこれで正しい方法です。

そして調べて意味の分かった単語と単語をつないで、意味を考えていきますよね。

つまり、辞書を引いて単語の意味をつなぎ合せて文章の意味を連想するということが多いんだと思います。

知らない単語の意味が分かれば英文の意味が分かると考えてしまうのも、最初はみんな同じだと思いますよ。

特に、難関大学が出題する英語は、単語のレベルが高いので、どうしても辞書に頼らざるを得ないんですよね。

でも、悲しいことに難関大学の英語が求めている能力は全く別なんですね。

難関大学の英語を読むさいに大切なのは、文脈から単語の意味を想像することなんです。

試験場に辞書が持ち込めないのは、辞書を調べて訳文を作る能力があるかどうかを調べたがっているわけではないからなんですね。

難関大学が要求している能力は、全く別のものなのです。

それを知って学ばないかぎり、難関大学の英語は難しいということになってしまうんですね。

まず、このあたりを意識して勉強に取り組めば、良い結果に結びついていくと私は考えています。

難関大学の英語が難しいと感じても日本語訳は必要ない

多くの人が、英文の意味を知ろうとして、まず和訳を作ってしまいますよね。

これは一般的な方法で、間違ってはいないんですが、京都大学を除いて、難関大学の英語に関しては、全訳を作る必要はないんですね。

限られた時間の中で、出題された英文の訳をていねいに作っている時間って、ありませんしね。

和訳を作るのは、英語の意味を英語のまま理解する前に、和訳してから考えるという学校教育のせいからかもしれませんね。

私たちも、単語の意味をつなぎ合わせた訳文をながめて、無意識に日本語で英文の意味を考える勉強法を選んでいるのかもしれません。

大学側がそうした能力以外を求めていることは先ほど書きました。

難関大学の英語で重要なのは英語を英語として理解するために、構文の知識を持っているか、ということです。

難関大学の英語が分からないと悩んでいる人は、難関大学の求めている英語の能力が何か、常に意識されるとよいと私は思います。

以上、難関大学の英語が難しいという人の勉強の仕方について書いてきましたが、つぎに、具体的にどうすれば難関大学の英語が難しくなくなるか、考えていきましょうね。

スポンサーリンク


難関大学の英語が難しい人は何をすべきか

ではいったい、どうやったら難関大学の英語が難しくなくなるのでしょう。

それには、まず英語の構文を学び、直読直階の力を身につけるのがおすすめだという流れで解説していきますね。

難関大学の英語が難しい人は構文を学ぼう

実は東大などの部分下線部訳などでは、非常にやさしい単語の英文が出題されています。

でも、いったん訳文を作ってみると、意味が通らない日本語ができるんですね。

これは、難関大学は英語の構文が理解できていないと、文章の意味が理解できないようできているからなんです。

難関大学が出題する、難しい英文の構造を知るためにも、構文を学ぶことが大切になってきますよ。

文章の構造が分かれば、文意が通じるようになりますから、ここは、あきらめずに頑張ってください。

そして、生のままの文法をバラバラに学ぶより、実際の英文を通じて学んでいくほうがよいと私は思います。

構文を学ぶさいに気を付けておきたいのは、構文をとらえて文章をおおづかみに理解するのが大事、ということでしょう。

構文の参考書は1冊を繰り返してやるのが身につきやすいし、地道に構文をつかむ練習をコツコツとやっていくと、直読直解も見えてきます。

難関大学の英語が難しい人は直読直解を学ぼう

英文の意味を理解するさいに日本語を頭に思い浮かべないのが直読直階と言えますよ。

つまり和訳で意味を考えるのではなく英語は英語のままで理解しようということなんですね。

難関大学の英語を読むさいに、日本語の助けを借りないというのは、すごく大変なことですよね。

具体的には英文を読んでただちに意味が分かるということですね。

そのためには、構文の学習の方法を身につけましょう。

そして、和訳を作らず英文を読んでみる機会をたくさんつくっていかないといけませんね。

精読の力がついたら、次には大量の英文を読み込んでいかないと身につきませんよね。

以上、構文と直読直解について説明しましたが、あくまで原則的な話でしたので、具体的に以下で学習のコツを見ていきましょうね。

難関大学 英語 難しい

難関大学の英語が難しい人が知っておくべき学習のコツ

では、難関大学の英語が難しい人が知っておくべき学習のコツについて見ていきましょう。

難関大学の英語が難しい人は勉強法を常に見直そう

たくさん辞書を引くのをやめて、日本語に訳して読む勉強法を改めるだけで効果が出てくると思います。

日本語で意味を考えるのではなく、英文の構造を知るのが大切ですね。

英文を、文の構造から意味をとらえるのも大事です。

前の見出しで、文の構造が分かれば、英文の意味は立体的に浮かび上がってくることをお伝えしました。

成績が伸び悩んでいるなら、習慣的に行っている勉強法を、いったん新しい勉強法に変えるのが大切だと私は思います。

たとえば難関大学の英語を読むさいのスタンスを根本から変える必要があるかもしれません。

他にも学ばなければならない教科がたくさんある、受験生の人は大変です。

時間のロスにならないよう、長文をたくさん読む代わりに薄い単語集で単語をたくさん記憶しておきましょうね。

英文解釈の参考書は1冊だけ決めて繰り返し、手を広げ過ぎずに深く掘り下げる癖をつけるなど、いろいろと工夫が必要でしょう。

難関大学の英語が難しい人は自分の学習法を確立しよう

難関大学の英語に自分の能力を対応させる最大のコツは、自分の学習法を常に意識しておくことだと私は思います。

つまり、自分がどんな方法で難関大学の英語を学んでいるか、常にチェックするとよいと思います。

自分の場合、辞書を使わず、文脈から意味を想像して構文の理解に時間を使いました。

それでもなかなか成績が上がらなかったので、時間のある時は、いつも英文標準問題精講を読んでいました。

その間何度も勉強法を見直しましたし、少しずつ成績が上がってきたのは、3ヶ月くらい経ってからでしょうか。

誰にでも同じ方法は、おすすめすはできませんが、あきらめずにコツコツやることで、自分なりの英文解釈法が身についていきました。

自分なりに書いた学習ポイントを、私は当時机に貼っていました。

  • 長文から学ぶのではなく短文を精読する訓練をつむこと
  • 読んでも分からない長い英文を多読するのは結果的に時間の損失
  • 辞書を使わず文脈の中で意味を類推して効率的に勉強する
  • 常に英文の文構造を理解するよう努め、構造から意味を読み取る

などです。

皆さんも主体的に学び、自分なりの方法を見つけてください

以上、難関大学の英語の攻略のコツを見てきました。

難関大学 英語 難しい

難関大学の英語が難しい理由を教えます!知っておきたい攻略のコツのまとめ

久しぶりに自分の受験生時代や、教師をやっていたころを思い出して、懐かしくなりました。

難関大学の英語は、苦手意識を持ってしまうと、なかなか克服するのが大変です。

それに難関大学で出題される英語は、なかなか攻略が難しいので、ここで停滞している受験生の方も多いと思います。

最後に主体的に学ぶことが大事だと書きましたが、自分も試行錯誤したので、なんとか英語で生活を成り立たせていた時期もありました。

難関大学に出る英語には、ちょっとした特徴があります。

でも、基本は5文型に当てはまってしまうので、基本に忠実に、学んでいかれるのが良いと思います。

若い皆さんには、大切な将来があります。

今はしんどいかもしれませんが、英語を学ぶことで、きっと将来、大きな糧が得られると私は信じています。

最後までよんでいただき、ありがとうございました。


by はぐれ鳥

スポンサーリンク