「パパ~!蛍ってピカピカ光っててきれいだね~♪」


「うん、そうだね。一匹でもきれいだけど、たっくさんの蛍が飛んでる光景はもっときれいなんだよ☆」


「へ~!すごいねっ!!僕も見たいな♪僕も見たいな♪・・ねぇパパ、蛍さんい~っぱい見るためにはどうしたらいいの??」


・・・こんな質問を子供さんに笑顔で投げかけられたあなた。

ぜひ子供さんの蛍に対するこの好奇心に応えてあげたいですよね!!

その気持ち、私もよく解ります。

なぜなら私・・「超ほたる好き」だからです!!

私自身もあなたと同じように、好奇心旺盛な子供を持つ父親ですので、あなたのその気持ち、すごくよく解ります(^^♪

子供さんの目の前で、


「ほら!、父さんの言った通り、蛍たくさん飛んでるだろ~♪」


って言ってあげたいですよね!!(^^)♪

そのためには・・

  • 蛍かどんな時期に
  • どんな時間帯で
  • どんな天気のときに

見に行けばいいのかを知っておく必要があるんです!

いざ行ってみても、

「あれ??・・少ないなぁ・・・」

なんてことになってしまうと、子供さんの前で格好がつかないですよね☆

そこで今回は、あなたの子供さんの好奇心を満たせるように、2017年たくさんの蛍が見られる時期時間帯について見ていきたいと思います!!

スポンサーリンク

2017蛍(ほたる)がたくさん見られる時期はいつ?まずは地域ごとにチェック!


まず一番初めにあなたが知りたいのは・・そう・・

「自分の住んでいる地域はどんな時期に蛍が多いのかな・・?」

ということですよね!!

蛍が多く見られる時期というのは、同じ日本であってもやはり地域によってズレてきます。

沖縄や九州などの南に行けば行くほど、蛍がたくさん見られる時期は早くなり、東北や北海道などの北側に行くほど、時期は遅くなります。

2017年に、蛍が多くみられる時期というのは、コチラのように各地域によって少しズレています♪

  • 沖縄 → 4月中旬以降
  • 鹿児島→ 5月上旬以降
  • 福岡 → 5月中旬以降
  • 高知 → 5月中旬以降
  • 広島 → 5月中旬以降
  • 島根 → 5月中旬以降
  • 大阪 → 5月中旬以降
  • 愛知 → 5月中旬以降
  • 東京 → 5月中旬以降
  • 長野 → 6月上旬以降
  • 石川 → 6月上旬以降
  • 宮城 → 6月中旬以降
  • 北海道→ 7月上旬以降

このズレをみると、


「沖縄&南九州 ➡ 九州北部&西日本 ➡ 東日本 ➡ 東北 ➡ 北海道」


というように、蛍前線が移動していっているのがわかりますよね!!(^^♪

桜の開花予想ならぬ、2017年蛍の飛散予報・・ですね♪(笑)

私も今でこそこんなに蛍好きですが、蛍に出会った当初は、蛍の多い時期についてほとんど無知でしたので、友達からの噂をあてにして行き当たりばったりの蛍クルーズが多かったです・・(泣)

サークル仲間と一緒に、


「今日さ!、山とか川行って蛍と流れ星見に行こうぜ!!」


みたいなテンションで軽いノリで行っていましたから、なかなかたくさんの蛍には出会えませんでした・・。

そりゃあそうですよね・・(笑)

今思えば、なんて当てずっぽうな蛍クルーズだったんだろうと反省しております・・(T_T)

でも上記の蛍前線をあらかじめ確認しておけば、2017年にあなたがお住まいの地域で、どの時期になればたくさんの蛍が見られるのかが解りますよね♪

加えて、あなたのお住まいの地域を蛍前線が通過してから、半月くらいたった時期がさらにベストだと言われています。

ただですね・・蛍も生きている昆虫なわけでして、いつも毎回同じように行動する機械じゃないんですよ・・。

蛍は昆虫であり、自然の一部です。

自然の一部であるということは・・そう、時間帯に左右されるわけです!!

え?時間帯ってどういうこと??

・・気になりますよね?

では次に、蛍がたくさん見られる時期に、たくさんの蛍に出会える可能性が高くなる時間帯について、見ていきましょう!

2017 蛍 時期

2017蛍(ほたる)の時期はいつ?たくさん見られる時間帯は??


2017年、どの時期に蛍を見に行くか・・という点と合わせて押さえておきたいのが、どの時間帯に蛍を見に行くか、ということです!

蛍は自然の生き物で、昆虫です。

当然生態というものがあります。

あなたと私のような人間だって、基本的には日中に活動して、夜間は寝静まりますよね!

それと同じです。

実は夜空にピカピカ光る蛍って・・

夜行性

なんです!!!(驚)

だから、たくさんの蛍が見られる確率を上げるためには、夜間に蛍クルーズに行く必要があります!

ただし、同じ夜間といっても、細かな時間帯によって蛍が出現する確率は変わってきます。


19:00~21:00

22:00~深夜0:00

AM1:00~AM3:00


この3回の時間帯で蛍の行動が活発になると言われています。

この中では、19:00~21:00の時間帯が最も蛍が飛来しやすい時間帯と言われていますので、このフィーバータイムを狙うのが一番おすすめです!!(#^.^#)

私がサークル仲間と行ったときには、もう深夜の時間帯でしたので、

ポツ・・・ポツ・・・

とゆらゆら飛んでいる数匹の蛍を見ることしかできませんでした・・(T_T)

でもですね、実はこのとき、時間帯以外にもマズイ要因があったので、あまりたくさんの蛍が見れなかったんです。

それが・・・


天気


なんです!

実は、天気というのも蛍がたくさん見れるか見れないかに影響している要素なんです!

そこで次に、2017年に蛍がたくさん見られる日の天気について、見ていきましょう!

スポンサーリンク


2017蛍(ほたる)の時期はいつ?天気も関係してるの??


2017年にあなたがたくさん蛍に高確率で遭遇するためには、時期と時間帯という2つの要素に合わせて、「天気」という要素も考慮しなければいけません。

ズバリ!!・・蛍がたくさん出現しやすい天気は・・


「曇り」もしくは「小雨」


です!

そうなんです(泣)・・私がサークル仲間と行った日は空一面雲一つない・・快晴だったんです・・(T_T)

流れ星も見に行く予定でしたから、当然っちゃあ当然なんですが・・(汗)

あなたは私のような失敗はしないように、晴れた日や雨が降っている日は避けてくださいネ!♪

小雨であっても、蛍の飛来に影響しない程度のわずかな小雨であれば大丈夫だと思いますよ。

2017 蛍 時期

2017蛍(ほたる)の時期はいつ?時期&時間帯&天気…全部好条件だったら!?


蛍もやはり自然の生き物ですから、時期だけでなく、時間帯やその日の天気もしっかりと押さえておかないと、一度にたくさんの蛍に出会うことはなかなか難しいです・・

私もサークル仲間と毎年のように蛍クルーズに行くわけですが、条件を全部揃えるのが難しいんです(T_T)

サークルメンバー全員の予定を蛍に合わせて調整するのはなかなか難しいですからね(笑)

でも、運よく好条件がそろえば、こんな感じでピカピカ光るたっくさんの蛍をあなたの子供さんに見せてあげられますよ♪








スポンサーリンク


2017!蛍(ほたる)の時期はいつ?たくさん見れる時間帯とは?まとめ


最後までご覧くださり、本当にありがとうございました!

以上、「2017!蛍(ほたる)の時期はいつ?たくさん見れる時間帯とは?」について見てきました。


「たぁ~くさんのピカピカ光る蛍さん見てみたいよ~♪」


というあなたの子供さんの好奇心に応えてあげるためには・・

  • 蛍かどんな時期に
    あなたのお住まいの地域の蛍前線通過時期+約半月
  • どんな時間帯で
    19:00~21:00
  • どんな天気のときに
    曇りもしくは小雨

という3つのポイントをしっかりと押さえておく必要があります。

お仕事&子育てをされながらだと、時期に時間帯に天気にと・・なかなか全部の条件をそろえるのは難しいかもしれませんが、子供さんの笑顔のためにも、ぜひ事前に予定を立ててトライしてみましょう!(^^♪

あなたと子供さんの2017年が、たくさんの蛍に出会える良い年になるよう、私も願っておりますね!(^_-)-☆

スポンサーリンク