厚生労働省の推計では、2012年度時点で、国内に460万超の認知症の方がいるとのことです。

驚くべきことに、認知症予備軍の方を含めると、実に65歳以上の4分の1の方が、何らかの形で認知症に罹患するか、もしくは関連しているのです。

この驚くべき統計の指し示す事実は、好むと好まざるにかかわらず、私たちに認知症を身近なものと捉え直すよう、指摘しています。

私にとっても、読者のみなさんにとっても、決して認知症は無縁の病気ではありません。

人は老いる以上、何らかの病に罹るはずであり、身近な家族や友人が、認知症になったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

妻の祖父母が、やはり認知症で他界しましたが、常々妻は、思い出したかのように、介護の話を私に語って聞かせます。

本稿を書くにあたって、様々に調べましたが、調べれば調べるほど、私は事態の深刻さに気付かされるのです。

以下では、認知症の解説から始め、認知症の方に対して、私たちがいったいどうすべきか、認知症の予防や改善に効果的な食事は何か、私感を交えつつ、記事として書いてみようと思っています。

認知症とは何か調べていくうちに


認知症に関し、正確な知識を持ち合わせていなかった私は、医学サイトで調べてみました。




「一般に、認知症とは、記憶の中心が定かでなくなる病気で、これが症状の大半を占めています。

この状態を、記憶障害と呼んでいます。

論理的に考えることが出来なくなり、物事の判断力が失われていく状態に陥ることもあります。

これを、文字通り、判断力の低下と呼びます。

そして最後に、自分がなぜここにいるのか分からなくなる状態へと移行していきます。

これは見当識障害と呼ばれます。

症状の過程は、以下の4段階に沿って進んでいきます。




1. 発生前期(もの忘れがひどくなる)
2. 初期(時間が分からず、記憶が定かでなくなる)
3. 中期(適切な言葉が出なくなり会話が出来なくなる)
4. 末期(自発性が失われ、自分から行動を起こせなくなる)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」




淡々と記されていた文字が、突如、立体的になった瞬間でした。




これが認知症です。

自分の意識が失われてしまうこと。

自分が自分でなくなってしまうこと、それは大変寂しく、悲しいだけに留まらず、家族や他人に迷惑をかけてしまうかも知れないことです。




老いて私が認知症になったら、愛する家族や友人と、全く言葉を交わすことすら出来なくなる。




私の将来は今は漠然としていますが、ここまで書いて、私は悲しい気持ちでいっぱいになったものです。

「一般的な症状の推移について・・」ここまで書いて私は暗澹としてきて、自身、不安に苛まれてきました。




認知症 予防 食事



やはり認知症の原因については書かなければ、と思い、冷静な気持ちを取り戻してみたんですが、どうしても筆が進みません。

認知症の原因をあえて調べてみた


もし、わずかでも認知症を防止出来る術があるのなら、私は調べて書かなければならない。

そういう動機で書いていくうちに、ほんの少しだけですが、「書かなければ」というモチベーションが上がって来ました。




「大まかに言って、認知症の原因には遺伝的要因が関わっているとされますが、その他にも、さまざまな原因が指摘されています。

比較的に多いのは、アルツハイマーでは脳の萎縮が原因となるケースです。

脳梗塞などで、血管に障害が生じることが原因の認知症も多々見られます。

また、高血圧や糖尿病など、生活習慣に起因する認知症では、予防的観点が重要視されています。

とりわけアルツハイマー型の認知症では、症状末期において自発性が顕著に失われてしまうので、周囲からの積極的な働きかけが重要になって来ます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」




自己喪失の中、家族や友人の「語りかけ」があっても、私の心には届かないかも知れない。




果して私が認知症に罹ったら、「周囲からの積極的な働きかけ」をしてもらえるのだろうか?




そんな風に考えつつ、更に深夜、私は調べ物を黙々と続けました。

「アルツハイマーの原因は、ある>特殊なタンパク質(アミロイドβと言います)が脳の中に蓄積することで、脳の神経細胞が壊されるというのが通説です。

アミロイドβは、睡眠と深く関わっている物質で、睡眠不足の人は、アミロイドβの分解が悪く、十分に睡眠をとっている人の数倍、認知症に罹りやすいとの報告(国立精神神経医療センター)もあります。・・・」




睡眠不足が認知症の一つの原因か・・。
私はそう思いましたが、やはり深更まで、今夜の作業は続くでしょう。

認知症になったとしたら


もし、妻が認知症になったとしたら、私は妻を思い続けることが出来るだろうか。

ふと、そんな考えが思いつきましたが、やはりそんな時はどうすべきか、考えておかなければならないでしょう。




「認知症の方に接する際の、要点。




要介護者の、人間としての尊厳を理解することが大切です・・。




意思の疎通すら出来なくなった妻の尊厳を、果して守り抜くことが出来るのだろうか




「また、規則正しい生活習慣を心がけるよう促し、決して叱責せず、趣味や関心事を喚起して症状の進行を抑制し、認知症の方が活発になれるよう、手助けしていく気持ちも大切です。

認知症の方の積極性を活性化させる上でも、簡単な家事などをリハビリテーションとして取り入れるのも良いでしょう。

次に、実際の介護例を通じて、以上のことを詳しく検討して行きましょう・・・。」




頭では分かっていることです。

しかし、私か妻のいずれかが、言葉も通じなくなったとしたら、果して思い続けることが出来るのだろうか。

そんな悲しい気持ちになり、ふと、前に読んだ本のことを思い出したのでした。




昔読んだ本に


昔、介護に関する本を読んだ経験がありました。




10代で、認知症の祖父の介護に携わった方が、後日、本の中で、こう述懐しておられました。

「数年間の介護生活を通じて、学んだことが多かったけれど、一つだけ悔いているのは、煙草を吸ったことを叱ってしまったことです。

徘徊が多かったので、常に見守っていて、ほんの時折正常な話をするので、笑い話を交わしたり、ときどき喧嘩したものでした。

紙おむつを使っていたけれど、臭いに対して一言も発しませんでした。

なるべく寄り添って、大切な家族として一緒に生活を共にしました。




そんなことを思い出しました。




「・叱責しないこと
 ・コミュニケーションを意識すること
 ・人間の尊厳を見失わないこと
 ・・・・・・・・・・・」



こう書いて、次のように感じました。

私には彼女と同じことは出来ない。

ただ、そう思いました。




諦めきれない私は、以下のように続けます。

「これは医学的セオリーに適っているのです。

例えば、現実見当識訓練(Reality Orientation)を実施することで、要介護者の、認知症の進行を防止する効果が期待出来ます。




Reality(現実感)
Orientation(習得する訓練)




現実見当識訓練とは、認知症患者さんの自発的な行動を促し、不安を取り除くことを目的として施されているものです。

実は認知症の方は、自分の症状に対して大きな不安を抱いています。

その不安とは、自分がなぜ、ここに居るのか分からないがために生じる不安を指します。・・・・・・・・・・・・・」




まさしく今ですら、私は不安なのです
もし認知症になったら、もっともっと不安になる。
「自分がなぜ、ここに居るのか分からないがために生じる不安」これが今の私の気持ちなのです。




「認知症の患者さんは現実感を喪失していて、浮遊感や不安感が大きいことを、私たちは理解しておく必要があります。・・・」




「浮遊感と不安感」




まさしく今、記事を書いてる自分の気持ちそのものなのです。




chair



「そして、認知症の患者さんは、一人の大切な命です。

老人介護施設で時々見聞きする、入居者への虐待などに、自分は胸を痛めます。

決して、あってはならないことだと思います。

上述の、10代で介護をなされた方の体験から、私たちは多くを学ぶことが出来るでしょう。

家族として、または一人の大切な命として、積極的に話しかけ、暖かく寄り添うことが、認知症の方の症状を幾分かでも緩和するという事実に、私たちは最大の注意を払う必要がありそうです。・・・」




「積極的に話しかけ、暖かく寄り添う」

認知症になった自分に、暖かく寄り添ってくれる人間はいるのだろうか?

漠然と不安が込み上げてくるのでした。




認知症の予防には食事が効くのだろうかと考えつつ


さらに私は調べ続けました。

以下に、続けてこう記します。




「認知症予防には、一般的に和食がいいとされてきました。

なかでも山いもは、現在、注目を集めています。

ここで山いもの知られざる効果を一例として挙げておきます。

大量に接種しなければなりませんし、国内産のものは含有量が少ない(中国産が良いと言われています)ので、はっきりとした効果が認められるかは言えません。

ですが、いろいろな研究から分かっているのは、山いもには損傷した神経細胞を修復し、認知症の予防効果が期待出来るジオスゲニンという物質が含まれています。

ジオスゲニンには、アルツハイマーの原因となるアミロイドβを破壊する働きがあるため、昨今では盛んに研究されるようになってきました。

また、一般に粘度の高い食品(山いもをはじめとして納豆、オクラなど)には、血行を改善する働きがあるのは、ご存知でしょう。

このように、上述の食品は血行障害によって引き起こされる脳梗塞を防止する役割も期待出来るため、山いもの摂取は効果的だと考えられます。

ジオスゲニンは、今はサプリメントとしても、入手可能です。・・・」



医師たちのコメントを要約すると、そのようなことが書いてありました。
しかし、私には、何の救いにもならないと思え、それ以上書くのをやめてしまいました。

「事態の深刻さがまるで分かってないな。」

私は、そう思いました。




はじめに書いたように、増えていく高齢者。




いずれ、私が私でなくなる日がやって来る。




認知症にどう向き合うか。予防と食事についても少しふれますのまとめ


多分、救いのない記事だったかも知れません。

老いや病を見つめることは、時に自分の生き方を考えることにもなります。




「大切なのは、認知症の方を一人の人間として尊重し、病気のしくみや原因を理解することで、尊厳を傷付けないということです。・・・」




最後に、こう綴ろうと思っていました。

ですが、結びの言葉が見つかりませんでした。

460万超の認知症の方は、今、この時間、どうしておられるのだろう。

そんなことを思いました。




hospital



10代で介護なさった方の証言。

家族愛こそ、一番の処方箋




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

by はぐれ鳥