「はぁ・・・今日も一日疲れたなぁ~・・ゆっくりお風呂に入ってリフレッシュしよう♪まずは電気をつけなきゃ♪」


「・・パチ・・・」


「あれっ!?何これ?お風呂にカビがはえてる・・やだーーー最悪・・・どうしよう(泣)」


風呂に発生したカビを発見してしまったときのあなたのショックな気持ち・・私はよくわかります(泣)

なぜなら、私もあなたと同じように子育てをしている親で、風呂にカビをはやしてしまったことがあるからです(泣)

それに、私自身がカビ研究員としてカビの実験や研究をしていたので、カビに対する対抗心ってやつが人一倍あるからです。

風呂は毎日キレイになるための、疲れをとるための場所ですから、本当にショックですし、カビ汚れよりも健康のことが心配になりますよね・・(T_T)


私は研究員当時、研究目的とする特殊なカビ以外は絶対に殺菌しなければいけない状況だったんですが、何度も失敗しちゃって、余計なカビたちをはやしてしまったんです・・(泣)

だからその度に、


邪魔なカビをいかに簡単にキレイに取るか!


が問題となり、いろいろと試行錯誤する中で、私なりのカビの取り方を見つけたんです!

お恥ずかしい話ですが、私は建物自体がとってもジメジメしている日当たりの悪い団地に住んでおりまして・・家じゅうが非常にカビやすい環境にあったんです・・(泣)

特にお風呂場は・・(;´д`)トホホ

案の定、我が家の風呂もバッチリカビにやられてしまいました・・・(汗)


でも!!


カビ研究員として身に着けたノウハウで、見事に風呂のカビをキレイに取ることができたんです!(^^♪

しかもそれ以降一度も風呂にカビをはやしていませんよ~(^^♪

だからこそ、この風呂に生えたカビの取り方をあなたにも知ってほしいんです!♪

カビ研究員の私がこれからお伝えする4つのポイントを知ったら、あなたの今のショックな気持ちや不安はきっと解消するはずですよ♪

では早速、風呂に生えたカビの簡単で失敗しない取り方について、カビ研究員の私がお伝えする4つのポイントを見ていきますね!!




スポンサーリンク


風呂のカビの取り方は?カビ研究員が教えるカビ取り4箇条!


風呂のカビの取り方を失敗しないようにするためには、

  • カビ取り4箇条
  • 失敗しない心得

の2点をまず絶対に意識しておく必要があるんです!

ではそれぞれについて具体的に見ていきますね♪

カビ研究員が教えるカビ取り4箇条


カビ研究員の私が、風呂のカビの取り方であなたにお伝えしたい4箇条があります!

それが次のカビ取り4箇条です↓

  • カビ取り前の準備を怠らないこと!
  • まずカビを歯ブラシで物理的に取ってみること!
  • 次に塩素系漂白剤で殺菌漂泊すること!
  • 最後に風呂を乾燥させること!

この4箇条(ポイント)をしっかり押さえた風呂のカビの取り方を実践すれば、重度の根の深いカビでない限り簡単に早く、かつ安全に取ることができるというのが、私の見解です♪

風呂のカビ取りを失敗しない心得


あなたが壁紙のカビの取り方を失敗しないために、カビ研究員の私が1つ強調してお伝えしたい心得があります。

それは・・・


塩素系漂白剤は必ず単独で使用する


ということです。

ハイターなどの塩素系漂白剤は、

  • どんな物とも混ぜてはいけない!
  • 結果的に混ざってしまうようなことも絶対にダメ!

なんです!

塩素系漂白剤を使わざるを得ないような頑固な風呂のカビだった場合は、絶対に注意してくださいね!

風呂のカビの取り方として失敗しないためには、塩素系漂白剤を単独で使うのが鉄則です!

ただし、風呂の素材によっては使えない漂白剤もあります。

カビの散り方と言っても、風呂を傷めないことが最優先ですから、風呂の素材を傷めない漂白剤というのも必要になってきます。


「じゃあその具体的な方法ってどうやるの??」


気になりますよね?

では次に、4つのポイントの一つ目であるカビ取り前の準備について具体的に見ていきましょう!

風呂 カビ 取り方

風呂のカビを取る前にマスク、メガネ、手袋を準備!


簡単で効果的かつ安全な風呂のカビの取り方を実践するためには、


まずマスクと保護メガネと保護手袋をする!


ということが非常に大切です。

これがまず一つ目の風呂のカビ取りポイントです!

実は、カビの研究をしていた私としては、風呂についたカビの取り方よりも、むしろこちらの対策の方が大切だと考えています。

なぜなら、私がカビの研究をしていた当時、空中に浮遊してしまったたくさんのカビを無意識に吸い込んでしまって、体調を崩してしまったからです・・・(T_T)

カビの胞子は非常に小さく、人体の肺に悪影響を与えてしまいます。

それに加え、アレルギー物質としても危険視されていますので、私やあなたのように子供さんお持ちのご家庭の場合には特に注意が必要です。

私自身がアレルギー体質でしたので、当時はカビに対して特に過剰に反応してしまいました(泣)

風呂にはえたカビに息を吹きかけたり、叩いたりしてしまうと、カビが胞子とともに飛散してしまいますので絶対にしないようにしましょう。

万が一飛散してしまってもいいように、マスクと保護メガネは必須です。

私は自宅の壁紙のカビを取る際、マスクはもちろんしていましたが、カビの前で息をするのもためらうくらいでしたよ(笑)

また、風呂のカビを殺菌漂泊する際に塩素系漂白剤を使用しますので、保護手袋と風呂の換気も必須です!

私はカビの研究をしている頃、手と腕の殺菌のために、皮膚に対して直に薬剤を吹き付けていました・・・


「痛っ!!・・・」


という激痛とともに私の皮膚はボロボロになっていきましたので、あなたは絶対にそうならないよう、必ず保護手袋を着用してくださいね!


「よし!・・じゃあこれで準備は万端ね!・・いよいよカビの取り方だけど・・まずカビを歯ブラシ?で取ってみればいいのかしら??」


はい!その通りです!

いきなり漂白剤でカビ汚れを落としにかかるのではなく、まず風呂の壁、床、パッキンについているカビをブラッシングしてみることから始めましょう!

では次に、風呂のカビをブラッシングする方法について見ていきますね!




スポンサーリンク


風呂のカビの取り方はカビのブラッシングから!


風呂のカビ取りの準備ができたら、次は・・


風呂のカビを歯ブラシでブラッシングする


ということが大切です。

これが2つ目の風呂のカビ取りポイントです!

ここではまずは物理的にとってみるというのが非常に重要です。

なぜなら、風呂はタンスや畳などとは違い、基本的に水洗いするための場所であり、カビ汚れをこすりつけたところで汚れが広がらないからです。

ハッキリ言って、


「風呂のカビ汚れの8割は歯ブラシだけで取れる☆彡」


というのが私の経験上の結論です!!

カビをやっつけるために日々研究室で薬剤を使用していた私としては、なるべく化学物質に頼りたくないワケです・・

刺激性の程度の差はあれ、大なり小なりハイターなどの化学薬品は体に悪いですから(T_T)

だから私は・・


「カビめっ!!ぜったいに歯ブラシだけで取ってみせるからなーーーーー!!!」


と自分に言い聞かせながら風呂のカビ取りしてましたよ(笑)


「よし!・・これで風呂の床、壁のカビ取りは終わったわ!・・でもパッキンにはえたカビだけが取れないんだけど・・」


いやぁ~・・あなたのそのお気持ちよくわかります。

私も同じようにパッキンの黒カビでつまづきましたから・・(汗)

ブラッシングでは落ちないパッキン部のカビ・・どうすればいいか気になりますよね?

では次に、ブラッシングでは取れない風呂のカビの汚れの取り方について詳しく見ていきますね!

風呂 カビ 取り方

風呂のカビ汚れの取り方は?頑固なカビはハイターで殺菌漂泊!


ブラッシングでも取れない風呂のカビ汚れを効果的に取るためには、


ハイター(塩素系漂白剤)を使う


という方法がとても効果的です!

これが3つ目の風呂のカビ取りポイントです!

パッキンの内部深くにまで根を張ったカビは、ブラッシングでもなかなか取れません。、

この場合は、

  • カビ汚れの箇所にキッチンペーパーをかぶせる
  • キッチンペーパーにハイターを少量たらす
  • 換気をよくして一晩放置

この3ステップで私は100%風呂のカビを取ることができました(^^♪

あとは大量の水で洗い流すだけでOKです♪

風呂だからできるカビの取り方ですよね~☆彡


「ふぅ~・・終わったわ!じゃあこれで完了ね!・・」


いやいや、ちょっと待ってください!!

確かに、さっきまで汚れていた風呂のカビは取れましたが、もう一つ大事な仕上げがあるんです!!


「え?・・仕上げって??」


気になりますよね?

では最後に4つ目のカビ取りポイントである風呂の乾燥について見ていきますね!




スポンサーリンク


風呂のカビを取ったら仕上げに風呂を乾燥させる!


風呂のカビを殺菌し、カビ汚れを取れたら、仕上げとして・・


風呂の乾燥をする


ということが必要です。

なぜなら、風呂を乾燥させることによって、再びカビが風呂に生えてこないようにするためです。

これが4つ目の風呂のカビ取りポイントです!

実際に我が家でも最後の作業として、風呂を乾燥させました。

私の場合は、風呂の換気扇フル稼働&風呂の窓を全開にしで風呂を乾燥させました♪

風呂に窓がなかったり、あっても窓が開けられない場合もあるでしょうから、その場合は脱衣所のドアを全開にして、空気の流れを確保しながら風呂の換気扇フル稼働でOKです♪

そしてこれから毎日、風呂を使った後は


風呂のドアを締め切らないこと


がとっても大切です!


風呂のカビの取り方は簡単!カビ研究員が実践する4つのポイント!まとめ


最後までご覧くださり、本当にありがとうございました!

以上、「風呂のカビの取り方は簡単!カビ研究員が実践する4つのポイント!」について見てきました。

  • カビ取り前の準備を怠らないこと!
  • まずカビを歯ブラシで物理的に取ってみること!
  • 次に塩素系漂白剤で殺菌漂泊すること!
  • 最後に風呂を乾燥させること!


この4つのポイントを知った今、風呂のカビに対するあなたのショックなお気持ちは解消されたのではないでしょうか♪

カビは見た目も最悪ですし、特に肺への影響やアレルギーへの影響が心配です。

子供さんを育てていらっしゃるあなたの状況を考えれば、風呂のカビを発見したときは相当ショックでご不安になられたんだろうと思います・・

そのお気持ち、私もすごくよくわかります。

でも!

この4つのポイントがありますので、もう大丈夫ですよね!!(^^♪

風呂のカビの取り方以外にも、洗濯機や壁などのカビの取り方についてもコチラで詳しくお話しています♪ぜひご参考くださいね♪

洗濯機のカビの取り方は超簡単!カビ研究員が実践する3つのポイント!

壁のカビの取り方は慎重に!カビ研究員が実践する4つのポイント!

カーテンのカビの取り方は簡単!カビ研究員おすすめの3つのポイント!

風呂のカビの取り方だけに限らず、子育てのことなど何かご心配なことやご不安なことがございましたら、一人で抱え込まずに、いつでも私にご相談されてくださいネ(^_-)-☆




スポンサーリンク