「あれ??なんか今日のカブトムシさんは元気ないなぁ・・今日は
友達の家に一緒に遊びに行こうと思ってたのに、ずっと土にもぐったまんまだ・・カブトムシさん具合悪いのかな??・・父さんに聞いてみよう!」


タッタッタ・・(庭で植木の手入れをしている父親のもとへダッシュ)

「父さん父さん!!・・僕たちのカブトムシのことなんだけど、最近やけに元気がないみたいなんだ・・今日もあんまし動かないし・・何でなのかな??」

「う~ん・・そうだね。もう9月になるし、もしかしたらそろそろカブトムシさんの寿命なのかな?」

「寿命??・・僕たちのカブトムシさん死んじゃうの!?・・そんなのイヤだよ!!!カブトムシって最長で何歳まで生きてくれるのかな?カブトムシの寿命の最長も知りたいし、カブトムシの寿命をできるだけのばしたいよ・・どうしたらいいんだろう・・・」

こんな風に、愛情もって育てたカブトムシの元気がなくなっていって、カブトムシの寿命が心配でたまらないあなたの辛い気持ち、私もスッゴくよくわかります・・(泣)

なぜなら、私もあなたと同じ様に自分で育てていたカブトムシが成虫になって、一緒に遊んでいるうちのだんだん元気がなくなっていくカブトムシの姿をまのあたりにしていたからです・・(;´д`)

一緒に出かけたり、写真を撮ったり、楽しい時間を一緒に過ごしてきましたので、元気がなくなっていくカブトムシを見るのが本当に辛くて、とても悲しかったです・・うぅ~(泣)シクシク

でも、それだけに・・

『何とかしてこのカブトムシの寿命を最長レベルにのばしたい!』

という気持ちが強くて、私なりのある工夫をして、平均90日のカブトムシの寿命を121日までのばしてあげることができました♪♪

4ヶ月くらいの寿命は、カブトムシの寿命としては最長レベルでしたから、本当に嬉しかったです☆

だ・か・ら・こ・そ!

「カブトムシの寿命の最長と長生きさせるコツ!」

についてあなたにもお伝えしたいんです!!!

fukufuku

あなたにカブトムシの寿命の最長と、その寿命をいかに長くのばせるか、そのコツ!を教えちゃいますね!!


あなたの今の不安で辛い気持ちが私もスゴく分かりますので、あなたのカブトムシには絶対に寿命をのばして長生きしてほしいんです!!

私が今からお伝えするカブトムシの寿命の最長と長生きさせる3つのコツをあなたが知ったら、今の不安な気持ちはきっと軽くなるはずですよ♪

それでは早速、カブトムシの寿命の最長と長生きさせる3つのコツについて、一緒に見ていきますね♪♪




スポンサーリンク


カブトムシの寿命の最長は?


大切に大切に育ててきたあなたのカブトムシですから、カブトムシの寿命を長くのばして、できるだけカブトムシには長生きしてほしいですよね!!

そのためにまず気になるのは、

いったいカブトムシの寿命はどこぐらいまでのばせるのか??(カブトムシの寿命の最長)

ですよね!

そんなカブトムシの寿命の最長としては、私の経験も含めると・・

120日~150日

なんです!!


だいたい4ヶ月~5ヶ月がカブトムシの寿命の最長ということですね!

さっきもお伝えしたように、基本的にカブトムシの寿命は90日ぐらいがフツーなんですよ。

でも、カブトムシの育て方の工夫次第でこのくらいまでのばすこともできるんです♪

少なくとも、私はのばせましたから、あなたもきっと大丈夫だと思いますよ☆

ただしですね、カブトムシの寿命を最長にするには産まれた時期(カブトムシが脱皮した時期)が大きくからんでくるんですよね・・

え?時期??なんで???

って思われるかもしれないですけど、ホントにそうなんです(;´д`)

なぜなら、カブトムシの成虫は冬を越せないからです!!

人工飼育(しいく)の場合とかだとありえることかもしれないんですが、遅~く産まれたカブトムシがいたとしますよね??

例えば仮に8月に産まれたとします。

カブトムシの寿命を可能な限り最長にさせれば12月まで生きるんじゃね??

って思われるかもしれませんが、残念ながらそれは難しいんです・・(;´д`)

気温が下がり乾燥する冬の時期になると、どんなカブトムシであっても寿命を迎えます・・うぅ・・。

カブトムシの寿命は夏限定なんです!!

どんなに最長の寿命を持つカブトムシでも、秋までが寿命の限界ですね・・

おっ!!カブトムシと一緒に年越しカウントダウンできるかな!?

なんて期待してしまう気持ちもスッゴくよく分かりますが、・・それは叶わぬ夢なんですね・・(;´д`)トホホ

でもでも!

カブトムシの成虫になった時期が早ければ早いほど、そのカブトムシの寿命を最長にできる可能性はありますし、私がおすすめする3つのコツを実践すれば、カブトムシの寿命をのばせる可能性がグッと上がりますよ!

「へ~!!!そうなんだ!!気になる気になるぅ~!!ボクのカブトムシの寿命も最長に近づけたいなぁ・・ねぇ!その3つにコツ教えて~!!」

fukufuku

はい!!もちろんです!!!では次に、カブトムシの寿命を最長にして長生きさせる3つのコツについて一緒に見ていきますね♪♪


カブトムシ 寿命 最長

カブトムシの寿命を最長にさせる3つのコツ!


カブトムシの寿命を最長にさせるコツとしては・・・

  • 設定温度と湿度に気を付けること!
  • 急な環境の変化をさせないこと!
  • 高タンパクなエサをあげること!

の3つです!!!!!

私も、あなたと同じように、夏の終わり頃からだんだんとカブトムシの元気がなくなっていきました・・

私なりに、

  • 部屋の明るさを変えたり
  • リラックスできる音楽を聴かせたり
  • 新鮮なフルーツをあげてみたり

とか、いろいろ試してみたんですが、なかなかハッキリとした効果は得られなくて、その中でも・・

『おぉ~!!これはスゴい!!なんか最近元気取り戻した気がする!!!』

と思った方法が、上の3つだったんです!!(>_<)☆彡

その3つの方法について、気になるところだと思いますので、早速一つずつ一緒に見ていきますね♪♪




スポンサーリンク


カブトムシの寿命を最長にさせる温度と湿度~私の経験~


カブトムシの寿命を最長にさせる1つ目のコツとしては・・・

カブトムシの寿命が最長になりやすい温度と湿度にすること

なんです!!!!!

まずそもそも、カブトムシの寿命が最長になりやすい温度とか湿度があったなんて・・

っと思われるかもしれませんが、実はあるんです!!

いったいどんな温度でどんな湿度なのか?・・気になりますよね??

では、カブトムシの寿命が最長になりやすい温度と湿度について、それぞれ詳しく見ていきますね♪

カブトムシの寿命が最長になりやすい温度!


カブトムシの寿命が最長になりやすい温度としてはズバリ!・・

『25℃』

です!!!!

いろんな温度で私なりに試してみた結果、25℃が一番カブトムシの寿命が最長になったんです!!!ビックリ☆

カブトムシはたしかに夏の虫なんですけど、だからといって暑くし過ぎるのもよくないですし、寒いのはもっとマズいですから、その間をとって25℃にしました♪

よくよく考えたらなるほどなぁ・・って思ったんですけど、カブトムシってそもそも夜行性じゃないですか?

で、夏の夜中の気温ってまぁだいたい25℃くらいですよね??

夜の最低気温が25℃以上あったら熱帯夜と言われますけど、自然界的には、その気温がカブトムシにとって一番快適ってことなんじゃないかと私は推測しましたよ~☆

9月にも入り、季節が秋めいてくると、夜の気温がグッと下がってきますから、ここで25℃をキープできれば、9月に入ってもまだまだカブトムシの寿命はのばせると私は思いますよ!!

カブトムシの寿命が最長になりやすい湿度!


カブトムシの寿命が最長になりやすい湿度の目安としては・・・

土を手で握って湿り気を感じるくらい

です!!!!!

う~ん・・・湿り気を感じるくらいかぁ・・・ちょい難しいなぁ・・

って思われるかもしれませんが大丈夫大丈夫!!

カブトムシの飼育用(しいくよう)マットの土を手でギュッと握って、その土が握った手の形で固まっていたらOK

固まらずにパラパラと下に落ちていったらダメ

という具体的な目安で大丈夫ですよ♪

湿気はまず土の表面から逃げていきますから、表面の土で確かめてくださいね☆

土の表面の湿度がOKだったら、中の土も大丈夫です!!

意外に思われるかもしれませんが、カブトムシってカラカラの乾燥に弱いんですよね!!

ただでさえ、おじいちゃんカブトムシになって、カブトムシ自体の体力も落ちていってるのに、そこに乾燥した状態が加わったら、カブトムシの寿命を最長にできなくなってしまいます・・(;´д`)

でも湿度って、その日の天気とかによってコロコロ変わりますよね??

だから私はあえて、湿度を計らないで、自分の手でカブトムシケースの土を直接触って確認していました♪

う~ん、別に数字が信用できないわけじゃないんですけど、温度と違って湿度は自分の手でちゃんと確認したかったんですよね!!(笑)

「そうなんだ・・、なるほどね!よし!、じゃあ温度と湿度はこれでOKだね!!次は環境変化??させない??ってあるけど、これってどういうことなの??」

fukufuku

ですよね?そこ、気になりますよね??では次に、カブトムシの寿命を最長にさせるために欠かせない『環境変化させないこと』について、一緒に見ていきますね♪


カブトムシ 寿命 最長

カブトムシの寿命を最長にさせるには急な環境変化をさせない!


カブトムシの寿命を最長にさせる2つ目のコツとしては・・・

カブトムシにとっての急な環境変化をさせないこと

なんです!!!!!

え?環境変化ってどういうこと??

って思われるかもしれませんが、カブトムシにとっての環境の変化はいろいろあります↓↓

もちろん、温度や湿度の急な変化もその一つですが、それ以外にも例えば・・

  • 衝撃(しょうげき)や振動(しんどう)を与えてしまう
  • 土の入れ替え作業
  • 頻繁(ひんぱん)な外出(カブトムシとのお出かけ)

とかもあります。

まぁ当然なんですけど、今のカブトムシを友達のカブトムシと戦わせたりなんかしちゃいけませんよ!

カブトムシ一匹じゃさみしいかもしれませんけど、もうおじいちゃんカブトムシですから、油断してるとカブトムシ本来の寿命に負けてしまいます・・

カブトムシになるべく刺激を与えないようにして、急な環境変化のない安定した環境で育ててあげることが、カブトムシの寿命を最長にするポイントですよ!!

「ふ~ん、そうなんだ!ようするにカブトムシの寿命を最長に近づけるには、カブトムシにとって落ち着いた環境が必要ってことだね!!・・あと、もう一つ教えて♪エサはどんなものあげればカブトムシの寿命は最長に近づくのかな??」

fukufuku

うんうん!、そこもすごく気になりますよね??では最後に、カブトムシの寿命を最長にさせる3つ目のコツ(エサのあげ方)について、一緒に見ていきますね♪






スポンサーリンク


カブトムシの寿命を最長にさせる高タンパクなエサ!~私の経験~


カブトムシの寿命を最長にさせる3つ目のコツとしては・・・

高タンパクなエサをあげること

なんです!!!!!

ん??高タンパクなエサって何??

と思われるかもしれませんね。

一番おすすめなエサとしては、

『高タンパク昆虫ゼリー』

ですね!!

ちょっと値段は高いですけど、フツーに売っていますので簡単に手に入りますよ~☆

私たち人間とかだったら、病気とかで元気ないときに、フルーツ食べたり、お見舞いでもらったりすることが多いですが、カブトムシについてはそんなことしなくていいですよ♪

むしろおじいちゃんカブトムシになったら、私の経験上、昆虫ゼリーだけの方がいいです♪

私のカブトムシは、高タンパク昆虫ゼリーをよく食べていましたねぇ~♪

おじいちゃんカブトムシのくせに、ガツガツ食べてましたよ(笑)

まぁ嬉しかったですけど、私はこの高タンパク昆虫ゼリーのおかげで、自分のカブトムシの寿命が最長に近づいてくれたと感謝しています☆(>_<)☆彡

高タンパク昆虫ゼリーサマサマです♪(>_<)

カブトムシ 寿命 最長

カブトムシの寿命は最長でどれくらい?できるだけ長生きさせる3つのコツ!まとめ


最後までご覧くださり、本当にありがとうございました!!

以上、「カブトムシの寿命は最長でどれくらい?できるだけ長生きさせる3つのコツ!」について見てきました!

カブトムシの寿命の最長としては、私の経験も含めると・・

  • 120日~150日

でしたね!!

そして、なおかつ、この最長の寿命に近づけてカブトムシを長生きさせるためのコツとしては・・・

  • 設定温度と湿度に気を付けること!
  • 急な環境の変化をさせないこと!
  • 高タンパクなエサをあげること!


の3つでしたね!!

今まで大切に大切に育ててきたカブトムシですから、

このカブトムシの寿命を最長にして長生きさせたい・・

っていうあなたのその気持ち、本当によくわかります(泣)

だ・か・ら・こ・そ!

私がお伝えした「カブトムシの寿命を最長にしてカブトムシを長生きさせる3つのコツ」をぜひ参考にされてくださいね♪(^_-)-☆

あなたとお父さんの二人で育てた、かけがえのないカブトムシの寿命が最長になって、いつまでも元気なカブトムシでいてくれることを、私も心から祈っていますね♪(^_-)-☆


また、コチラの記事でカブトムシの幼虫の見分け方や蛹(さなぎ)の時期などについてもお話ししていますので、ぜひご参考ください♪♪

カブトムシの卵の育て方!孵化(ふか)させるために気をつける注意点!

カブトムシの幼虫の見分け方はコレ!オスの見分け方はここを見よう!

カブトムシが蛹(さなぎ)になる時期は?立派な成虫になるための注意点!

カブトムシの成虫の時期や期間!カブトムシが元気で活発になる秘訣とは?

カブトムシの寿命のこと以外にも、カブトムシのことで困ったり悩んだりされたことがあれば、お一人で抱え込まずに、いつでも私にご相談されてくださいね!(^_-)-☆





スポンサーリンク