通称ブレフロ、すなわちブレイブフロンティアを始めて私は3年になります。

やっと念願だった幻創アークを手に入れて、破竹の勢いでゲームを進めています。

レベルは426まで上がりました。

「天才からの試練」を残して、グランドクエストも残りの試練も、グランガイア戦記も制しました。

仕事の合間はブレフロをやり込んでいて、時間が経つのを忘れるほどのめり込んでいます。

どんなに頑張っても手が出なかった「試練」も、アークを使えば楽勝でした。

最高性能のユニットを使いこなすのは、ゲームフリークの私には堪らない喜びです。

攻守に優れたアークは、充実したLSで私のような弱い召喚士を助けてくれます。

無課金でも、アークのように、十分強いユニットが手に入るのがブレフロの良いところだと私は思います。

今回はブレフロを始めてみようか迷っているあなたに、ブレフロ攻略にはアークを手に入れるのが一つの目標だとお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ブレフロの攻略はアークの使い方で決まる

ブレフロの攻略はアークで決まると思います。

高難易度の「試練」やフロンティアゲート、グランドクエストなどは幻創アークがいないと歯が立ちません。


課金ユニットにも優れたキャラはいますが、やはり最高なのは幻創アークです。


今まで手が付かなかった試練やグランドクエストも、アークのお陰で無事突破することが出来ました。


概してブレフロは難易度が高いゲームです。

アークのような強力なキャラがいないと、歯が立たない構成に作ってあります。


ブレフロの2部を通して、アークの素性が明らかになっていきますが、アークが物語の鍵を握っている以上、アークが最強のユニットに設定してあるのは当然です。

ブレフロはアークの物語と言っても過言ではないんです。


新米召喚士になったところで、アークは直ぐには手に入りません。

幻創アークは課金して入手出来るユニットではないからです。


無課金で遊ぶ私にとって、アークが課金ユニットでない点がどれほど魅力的に映ったことか。


アークを使って「虹の女神」の試練を制覇した時、快哉を叫んだものでした。


3年かかってやっと女神ティリスを倒した瞬間でした。

試練やグラクエで苦労しているなら、ますはアークを手に入れることを目標にブレフロ2部を進めると良いと思います。


アークを使うことがブレフロ攻略の鍵だと見てきましたが、次はブレフロ最高難度のカルナマスタ戦について見ていきましょう。
%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%af

ブレフロ最高難度のカルナマスタ戦を攻略しよう

カルナマスタ戦。

多くのユーザーがここで断念すると思います。

ネットの書き込みを見ていても、カルナマスタ戦を突破出来ない悩みが多く寄せられています。


最高難度のカルナマスタを倒せるのは、黒アークのアルティメットブレイブバースト(UBB)だけです。


カルナマスタはミルドランの最奥の地に潜む、最大の敵です。

カルナマスタを倒さない限り、隠者の館に行けません。


隠者の館には、真のアークがいます。

戦って勝てば幻創進化素材を彼からもらえます。

そのためには、最強の敵、カルナマスタを叩き潰さないといけません。


カルナマスタの力を封印出来るのは、アークのスキルだけです。

オーバードライブゲージをMAXにして、何度も黒アークにUBBを打たせないといけません。


ちなみに、「黒アーク」というのは、ゲーム側で自動的に参戦させてくれる進化前のアークです。

さすがに強いカルナマスタ戦にアーク(幻創進化前)が助けてくれるというわけです。


私はカルナマスタを倒すのに、18回挑みました(笑


文字通り、カルナマスタとアークの一騎打ちの感がありますが、アークのUBBのタイミングさえ間違えなければ、カルナマスタを必ず撃破出来ます。


カルナマスタを倒せるのは黒アークだと見て来ましたが、次はアークを幻想進化させて「試練」に挑みましょうというお話です。
スポンサーリンク

幻創アークを手に入れるまで試練は我慢しよう

カルナマスタを撃破すれば、真のアークとEXダンジョンの「隠者の館」で一騎打ちをすることになります。

ここでアークとの勝負に勝たない限り、「幻翼双晶」という特殊な進化素材が手に入りません。


「幻翼双晶」を手に入れて「神光の聖護騎士アーク」を完成させれば無敵になり、各種の「試練」などたやすく思えてきます。


試練に勝ち進めばスフィア(武器)などが手に入りますが、さしあたって幻創アークに必要なスフィアはフロンティアゲートの回廊か、雷の界域で幻導機セクメティ-ルかスピルエクスでも取っておけばいいでしょう。

要は難しい試練は後回しにして、幻創アークを作ろうということです。


幼魔の強化限界いっぱいまでステータスを上げて、特性強化をしていくことです。

入手出来るなら、「禁断の石版」イベントの時に天啓エルギフを取得してステ-タスアップしておいたほうがベターでしょう。

いくらアークと言えども、素のままでは使えません。スフィア枠を青フロッグで増設したり、エルギフや妖魔を食わせたりと、色々と強化する必要があります。


私は「隠者の館」に行くまでにフロッグや幼魔をしこたま溜め込んでいたので、一日で幻創アークを作ってしまいました(笑


アークは攻守に優れたユニットですので、特性強化もお好みでいいでしょう。

ただ、「試練」を中心に使うなら、防御型にスキルポイントを割り振っておいたほうがいいでしょう。


「試練」はアークが出来るまで待ちましょうと見て来ましたが、アークが出来たら次はどうすべきか見ていきましょう。
%e3%82%bf%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

アークには専用スフィアを装備するのが攻略の鍵

一部のキャラには専用スフィアが設定されていて、スフィア枠に装備することで大幅にステータスがアップするものがあります。

たとえば、「神覇煌騎ヴァルガス」には「覇炎剣ダンデルガ」を装備すると、ステが大幅に上がります。


「神光の聖護騎士アーク」にも専用のスフィアが用意されていて、「神託の双聖環」を装備することができます!


全ステータスが30%アップと、全状態異常無効やその他の様々な無敵な能力がアークに備わります。

「神託の双聖環」を手に入れるためには、グランガイア戦記の「神託の騎士団」で勝利しないといけませんが、ここも中々やっかいなクエストです。

特に、最後のアークの攻撃の「ゲート」の猛威に耐えるだけのHPが必要となってきます。

LS(リーダースキル)も発動無効とされてしまうので、なるべくHPの高いユニットで戦う必要があります。


「ゲート」に無事耐えて、1体でもいいからユニットが生存していたら、「神託の双聖環」を手に入れることが出来ます。

リレイズ(復活)能力のあるセレナをPTに加えておくことをお勧めいたします。


「神光の聖護騎士アーク」に「神託の双聖環」を装備すると、ほぼ無敵状態になるので、私は欲しかったスフィアをアークを使って乱捕りし始めました(笑


ゲームバランスを考えると、アークはちょっと強すぎるきらいもありますが、Lobi公認人気投票でも4位でしたので、みんなアークが好きなんだと分かります。


アークの専用スフィアを見たあとは、アークとイリア(巫女)の織りなすロマンスについて最後に書いてみます。
スポンサーリンク

アークとイリアが織りなすラブロマンスがブレフロ

でも、どうしてアークはこれほど強いのでしょう?

そう疑問に思われたかもしれませんね。

物語の前半を彩るヴァルガスを初めとした6英雄を全員倒し、カルナマスタすら封印してしまう超人アーク。


アークが強いのはイリアという巫女の強い加護を受けているからなんです。


アークはカルナマスタからイリアを取り戻すために戦っているので、物語の本筋とは直接関わりが無いかのように最初は映ります。

最初に召喚士が呼び出すのはヴァルガスがほとんどですから、一見してヴァルガスの物語のように映ります。

しかし2部に入ると、ヴァルガス達英雄6人を殺したのがアークだと分かるんです。


アークは断腸の思いで6英雄を一人ずつ葬り去っていきます。

カルナマスタにイリアを人質にされているからなんです。

離ればなれのイリアとアークは互いに愛情を持っていますが、アークは罪への悔悟から、思い切った行動が取れないのです。

イリアを助け出したい気持ちがあっても。


そこへイシュグリア派遣隊の召喚士として、プレイヤーが参加するという仕組みがブレフロの2部なんです。


もちろんカルナマスタを倒すのが目的ですが、イリアとアークの想いを遂げさせることに主題が変わってきます。


カルナマスタを倒さない限り、2人の愛は成就しないという課題を、プレイヤーも背負うことになるわけです。

そうした意味において、「正義」より「愛」にテーマの比重が移っていくのがブレフロの2部とも言えます。


以上、ブレフロ攻略とアークのお話をさせていただきました。
kindle

ブレフロの攻略はアークで決まり!カルナマスタを倒し幻創進化させようのまとめ

ブレフロを続けていく上で、アークを手に入れることが強いモチベーションになるかどうかが鍵だと思います。

実は、アークを倒せるほどユニットが育ってしまったら、物語は終盤に近付いています。

アークの使い道としては、メインストーリー以外でやり残した高度なクエストを消化するという使い道が一番良いでしょう。

レイドなどの討伐戦や、アリーナやコロシアムなどの対人戦にもアークは力を発揮してくれると思います。

新システムで、第3部もスタートしました。

いずれ3部で、搭載ユニットの総コストが緩和されるとき、アークの存在価値はいっそう輝くことになるでしょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

by はぐれ鳥
スポンサーリンク