「おい!!・・お前何てことしてくれてるんだ!!」

「え!?・・ワタシは良かれと思ってそうしたんですが・・何か問題でもありますか??」

「あるに決まってんだろ!!こんなことされちゃ逆に迷惑なんだよ!!」

「はぁ・・(なんで怒られてんだ、ワタシ・・・)」



こんな風にあなたにとって理不尽に怒られ、怒鳴られ、仕事が上手くいかないあなた。

私はあなたのその辛い気持ち、すごくよく解ります。


なぜなら、私もあなたと同じように発達障害だったからです。


しかも、あなたと同じように大人になってから自分の発達障害に気づきました。

私もあなたとまさに同じです。

私なりに、


「きっとこうした方が部長喜ぶよね」


そう思って一生懸命仕事してたんです。

でも怒られる・・しかも毎回・・(泣)

正直なんで自分が怒られてるのか解らないんです。

でもそれが・・

「発達障害」なんです。


私はあなたと同じように職を転々としました。

仕事ができなかったからじゃありませんよ。

自分の発達障害が背景にあったから、仕事や人間関係が上手くいかなかったんです。

でも逆に、


「自分は発達障害なんだ!」


ということに気づいたとき、すごく気持ちがになりました!


上手くいかない理由で自分自身を責めなくてよくなったからです。

だからあなたにも早く発達障害であることに気づいてほしい。

そしたらすごく気持ちがになるから・・

あなたがこれからもう自分を責めないで済むように、発達障害の大人の特徴についてお伝えしていきます。

私の実際の体験から学んだ発達障害大人特徴を知って、あなたの発達障害の特徴をチェックしていきましょう!!

スポンサーリンク


発達障害の大人の特徴は?まずは簡単にチェックしてみよう!


「ワタシが発達障害なのかどうかまず知りたい・・」


冒頭で述べたような会話のやり取りで苦しんでいる辛い状況のあなたなら、まず気になることだと思います。

そんなあなたは次の項目をまずチェックしてみましょう!


  • 自分では良かれと思ってやったことが、かえってあだになる
  • KY(空気読めない)な人とよく言われる
  • 「○○さんって、なんか変わってるね」とよく言われる


これらのチェックポイントは、私の実体験から学んだ発達障害の大人の特徴です。


「マジか・・ワタシ、結構あるあるだ・・」


なんて今思われたんじゃありませんか??

気になりますよね!

では早速一つずつ発達障害の大人の特徴について見ていきましょう!

発達障害 大人 特徴

発達障害の大人の特徴は?良かれと思ってやるけれども・・失敗!



まず発達障害の大人の1つ目の特徴は、


「自分では良かれと思ってやったことが、かえってあだになることが多い」


ということです。

仕事の場合だと、なぜ自分が怒られているのか、客観的な理由がくみ取れないんです。

なぜあだになることが多いのか・・その客観的な理由をくみ取れない・・

これが大人の発達障害の特徴なんです。

冒頭の会話でもふれたように、


「え!?・・ワタシとしては喜ぶだろうと思ったからそうしただけなのになぜ??」


という気持ちになりますよね・・(泣)

そのときのあなたの気持ちは、すごくよく解ります。

私の場合、家族からも言われることが多々ありました。


「ねぇ、何でこんなことすると?普通に考えてわからんの?」

「いや・・そうですよね・・はい・・すみません・・」


こんなやり取りばかりでした。

もう本当に、辛かったですね(T_T)

私は発達障害の医者ではありませんから、専門的なことはわかりません。

けれど、自分の発達障害の特徴に気づいた大人として、あなたの気持ちはすごくよく解ります。


「なぜ自分が怒られているのか、客観的な理由がくみ取れない」


とお伝えいたしましたが、私の経験上、それには場の空気を読む力が影響していることがあるんです。

え?空気を読む力って何??

気になりますよね!

では次に発達障害大人2つ目の特徴である空気を読む力について見ていきますね!

スポンサーリンク


発達障害の大人の特徴は?KYな人は要注意!!


大人の発達障害の2つ目の特徴としては、


「KY(空気読めない)な人とよく言われることが多い」


ということです。

なぜなら、大人のときに自分には発達障害の特徴があると気づいた私が、まさにKYだったからです。


KY・・つまり空気読めない人ですね(泣)


でも私の場合、根本的に場の空気が読めてないわけではなく、特定の場面で空気を読むのが苦手というレベルでした。

業務中、営業さんとの取次ぎの中では空気の読み取りはできるけど、大勢の会議の場では空気の読み取りが苦手という感じです・・。

私の場合は、特に家庭内でのKYがひどかったです

よく家族から指摘を受け、悩み、苦しんでいました。

あなたも私と同じ発達障害でしたら、こういった経験がきっとあると思います。

だからこそ辛いですよね・・

あなたの辛いその気持ちを思うと、胸が痛いです。

飲み会の席などで、


「○○さんってさ、結構KYなとこあるよね!」


なんて言われたら、大人の発達障害の可能性を疑った方がいいです。

ここでよくリンクする言葉があるのですが、それは・・


「KYな人」➡「変わってる人」


ということです。実はこれも発達障害の特徴だと思うんです。

KYであることと、変わってる人・・一体どんな関係があるのか気になりますね!?

そこで次に発達障害の大人の特徴である「変わった人」について見ていきますね!

発達障害 大人 特徴

発達障害の大人の特徴は?「変わった人」は要注意!!


発達障害の大人の3つ目の特徴としては、


「○○さんって、なんか変わってるね」


と人からよく言われることです。

なぜなら、大人のときに自分には発達障害の特徴があると気づいた私が、まさに「変わった人」だったからです。

新卒で入社した会社で同期の飲み会がよくあったのですが、


「おまえってさ、結構変わっとるよね?(笑)」


としょっちゅう言われていました。

そのときは、

「まぁ確かに自分、人より少し変わってるかもな」

と気楽に受け止めていましたが、

よくよく考えてみると、大人の発達障害の特徴と合致している点が多いことに気づきました。

  • 自分では普通にふるまっているつもりだけれども、周りから見たらちょっと浮いた存在


それが大人の発達障害の特徴でもあるんだと私は実感しました。

ここであなたは不安に思われたかもしれません。


でも大丈夫です!!


私がこうしてあなたに記事を書いているということは、大人になってから発達障害の特徴に気づいても大丈夫だったからです。

なぜ大丈夫だったのか・・

それは、大人の発達障害の特徴に対する私なりの向き合い方があったからです。

その向き合い方とは一体どういうことなのか・・?

最後に見ていきましょう!

スポンサーリンク


発達障害の大人の特徴は?特徴を武器に変えポジティブに受け入れよう!


確かに私は発達障害で、あなたと同じように辛い思いをしました。

そんな私がどうやって大人の発達障害のと向き合ったのか・・それは、


「発達障害の大人の特徴を武器に変えること」


でした。確かに、大人の発達障害の特徴は、社会的コミュニケーションスキルに欠けるという見方もあると思います。

でも一方で、そんな発達障害だからこそできることがあるんです。


私の場合は特定の物事に対する異常なまでの集中力でした。


大人の発達障害だった私は、確かに人より変わっていました。

変わり者だったわけです。

でも、小さな文字がびっしり並んでいる取扱説明書や利用規約を隅々まで一気に読み解く作業は非常に得意でした。

一度作業に入ってしまうと、周りが見えなくなってしまうくらい異常に集中して読み込んでしまいます。

発達障害の大人の特徴を知ってから気づいたことなのですが、発達障害患者には特定分野に対する突出した能力があると言わています。

私の場合、その突出した能力が


「何万文字と書かれた小さな文章を一気に読み解く力」


ということだったんです。

スマートフォン向けゲームアプリを始める際、必ず利用規約に同意が求められますよね?

私の場合、利用規約を隅から隅々まで読破し、その意味と関連性を完全にイメージできてからじゃないと次に進められないんです(笑)

普通の人はスルーしますから、まぁ私はある意味バカですよね(笑)

でもそんな能力が生かされた場面があったんです。

それが、「自分で利用規約や条項を作成する業務」でした。

これはですね、ある意味発達障害を持っている私だからこそできた業務だと思います。

規約を作る立場であれば、既存の規約や関連法規にどの文言がどのように影響するのかを100%理解しておかなければいけません。

そのためには小さな文字で何万文字と記載された規約を一気に読み解く力が必要だったわけです!


まさに私の大人の発達障害の特徴が武器に変わった瞬間でした!!(*^-^*)


この感覚を味わって以来、私の発達障害に対する見方は変わりましたよ☆彡

大人になってから、発達障害の特徴に気づいたらとてもショックです・・・

だからあなたのその気持ちはすごくよく解ります。

けれど、そんな大人の発達障害の特徴は武器に変えればいいんです!!☆彡

普通の人には決して真似できないような能力が発達障害の人には備わっていると私は思っています。

これが、発達障害の大人の特徴に対する私の向き合い方です(^^♪

発達障害 大人 特徴

発達障害の大人の特徴は?簡単にチェックできる3つの方法!まとめ


最後までご覧くださり、ありがとうございました!

以上、「発達障害の大人の特徴は?簡単にチェックできる3つのポイント!」について見てきました。


  • 自分では良かれと思ってやったことが、かえってあだになる
  • KY(空気読めない)な人とよく言われる
  • 「○○さんって、なんか変わってるね」とよく言われる


これが発達障害の大人の特徴でした。

あなたが自分の発達障害の特徴をポジティブに受け入れる一つの指標としてとらえてくださいね♪

変わり者扱いされることは、実際、すごく辛いですよね・・。

最近になって、やっと大人の発達障害についても社会的認知が広がってきましたが、現実はまだまだだと思います。

だって実際にあなたが大人の発達障害の特徴で苦しみ、こうやって私の記事を見てくださっているわけですから・・。

実を言うとですね、私の経験上、

「発達障害の大人の特徴がワタシにもある」

気づけただけでもすごく大進歩なんです!!(^^)/

そもそも今までの二十数年の間、全く気付かずに生きてこられたわけですから、大人の発達障害という言葉を知り、発達障害の特徴に気づけただけでも大きな価値があります!!


「普通の人にはできないことが私にはできる!」


そう自信を思って毎日を過ごされてくださいネ!☆彡

もしあなたがこれから大人の発達障害のことで悩み、辛くなったらいつでも私に相談してくださいネ!(^_-)-☆

スポンサーリンク