(病院で我が子が解離性障害の診断を受けた・・)

「どうしよう・・、息子が解離性障害だなんて・・なんで?なんでよ!!なんとかして治してあげたい・・どうやったら解離性障害治るのかな?・・これからどんな接し方していけばいいの?・・はっ!、もしかしてこれまでの私の接し方がいけなかったのかな・・どうしよう・・どうしよう・・」

辛いですよね・・息子さんのことが不安で心配でたまらないあなたのその気持ち、私も痛いほどよくわかります。

なぜなら、私自身が15年間、解離性障害をわずらっていて、母親を心底心配させてしまった体験があるからです・・(T-T)(泣)

そのとき母は泣いていました・・

「母さんが間違ってたのかな?・・ごめんね・・」

弱々しい母のこの言葉を聞いて、私も辛くて辛くて、あふれる涙が止まりませんでした・・

だからこそ、息子さんを想うあなたの今の辛いお気持ちがすごくわかるんです!

だからこそ、息子さんと一緒に、早く楽になってほしいんです!

そのために必要なのは、

『解離性障害が治る接し方』

なんです!

15年間、母と共に解離性障害で苦しみ、その辛い道のりをくぐり抜けてやっと気づいたその接し方(治し方)を、ぜひあなたにお伝えしたいんです!

その接し方を知ったら、あなたが今感じている疑問や不安な気持ちはきっと軽くなって、心がスーッと楽になるはずですよ(^^)♪♪

それでは早速、「解離性障害は接し方一つで治る!15年苦しんだ解離性障害を治せた私の体験談!」について、一緒に見ていきますね♪





スポンサーリンク


目次

解離性障害は治るの?治すための接し方は?


まず一番始めに、

『解離性障害は治るのか?解離性障害が治るのであれば、治すための接し方はどうればいいの!?』

ってのが気になるところですよね!

私の経験上、ズバリお答えすると・・

  • 解離性障害は治る病気です!※個人差あり
  • 解離性障害が治るためには、否定的な過去も受け入れて接すること!

なんです!

だから、まずは安心してくださいね♪

解離性障害は不治の病なんかじゃなく、接し方次第で治る可能性のある病気なんです☆

一方で、解離性障害は難しい病気であることも確か(;´д`)。

でもでも!

解離性障害は接し方一つで治る道筋がちゃんと立つ病気でもあるんです!

実際に私がそうでしたからね!(>_<)☆

長い道のりでしたが、15年という暗いトンネルの先に、やっと出口の光が見え、そこには解離性障害が治った自分が立っていました♪

そんな自分に出会うために母と取り組んだ治し方(接し方)が、

否定的な過去も受け入れて接すること!

だったんです!

解離性障害が治るための接し方は、人生の連続性を保つように接すること!

つまり、たとえですね、あなたや周りの家族に嫌な、忘れたい、無かったことにしたい過去があったとしても、その感覚を息子さんにまで押しつけてしまうような接し方はせず、逆にそれらを全部受け止め、受け入れ、判断は息子さんにゆだねる接し方をすることです。

「・・それ、スゴく難しくない?だって私はシングルマザーだけど、アイツ(元夫)が悪くて今こんなに苦労してるんだから、それを受け入れるなんて無理です・・(泣)」

辛い記憶を思い出させてしまって、本当にごめんなさいね・・

でもお母さん、あなたが今使った『アイツが』という表現、それなんですよ。

息子さんの前で、アイツがアイツが・・と連呼する接し方、されてませんでしたか?

それを毎日のように聞かされたら、息子さんはどう感じると思われます?

「・・アイツを憎む?」

そうですよね・・

息子さんにとって大好きで大切な唯一無二な存在であるあなたからそんなことを言われ続けたら、そうせざるを得ない・・

そうすればきっと息子さんの心の中には、憎いというよりも憎まなればいけない憎悪のかたまりの父親像ができてしまうでしょう・・

それが息子さんの人格の解離(解離性障害)を生み出している原因かもしれないんです。

『自分はお母さんとお父さんから産まれた!それが僕という存在!・・でもお父さん、いやアイツはいてはいけない存在・・じゃあ僕は一体誰・・?』

この悲痛な心の叫びが、息子さんの心の奥底にあるような気が私はするんです・・

だって私自身がまさにそうでしたから・・(T-T)

私は、母親を含めた周りの人たちの接し方によって、自分の中の父親像が抹消され、自分の存在自体が分からなくなり、解離性障害が悪化してしまったんです。

「そうだったんだ・・、そのことについてもしよかったら詳しく教えてくれる?」

fukufuku

ええ!もちろんですとも!


母親を含めた周りの接し方一つで、解離性障害が治るんだ!という見方の参考にぜひしてください♪(^^)♪

それでは、接し方一つで解離性障害が治った私の体験談について、一緒に見ていきますね♪

解離性障害 治る 接し方

解離性障害が接し方一つで治った私の壮絶な体験談!


周りの家族の接し方一つで、解離性障害は治るんです!

私の解離性障害の場合も、それに当てはまりました。

15年間、いろいろな苦難はありましたが、それらを乗り越え、解離性障害が治った道のり(体験談)について、

  • 両親の壮絶な離婚から解離性障害を発症
  • 父親像を消し去る接し方で解離性障害が強烈に悪化
  • 解離性障害が治る接し方・・それは父親を受け入れる接し方だった!

の3つから見ていきますね♪






スポンサーリンク


両親の壮絶な離婚から解離性障害を発症


15年間も悩まされた私の解離性障害は、両親の壮絶な離婚が引き金になり、発症しました・・(;´д`)

そのことについて、

  • 中学二年の夏に起きた突然の離婚
  • 父親から逃げ回る日々~父親像の変化~

の両面から詳しく見ていきますね♪

中学二年の夏に起きた突然の離婚


私の解離性障害のルーツは、中学二年の夏に突然起きた両親の離婚です。

「この家、出るよ!・・着替えとかいいからさぁ早く!」

そう母親にせかされ、着の身着のまま私は14年間慣れ親しんだ家を飛び出しました・・

そのときの母親の顔を思い出す度に、今でも胸が痛くなって悲しくなります・・

父親から逃げ回る日々~父親像の変化~


いろいろなところに身を隠し、母親と一緒に父親から逃げ回っていました・・

子ども心に最初は戸惑っていましたが、執拗(しつよう)に追いかけてくる父親に次第に恐怖と憎悪の感情を持つようになりました・・

まぁ当然ですよね(泣)

母親も周りの家族の人たちからも、父親の悪口をさんざん言われ続け、私の中の父親像は次第に、

『憎むべき存在!あってはならない存在!』

へと変化していきました・・(;´д`)

このときからですね・・、解離性障害とか強迫性障害の心の病が深刻化し出したのは・・(T-T)

「・・なんかそれ、ウチらと似てる・・、じゃあ離婚しない方がよかったのかな・・」

いやいや、決してそんなことを言いたいわけじゃありませんよ、私の場合もあなたの場合も、離婚して正解だったはずです。

まさにそのときに離婚しなきゃさらにひどい目にあわされてた可能性があるわけですから、離婚して正解だったんですよ!

あなたは息子さんをちゃんと守ったんです♪

そこは否定しちゃだめですよ♪

問題なのはそのあとの解離性障害に対する接し方ですからね☆

じゃあ、その肝心な接し方で私の解離性障害がどうなっていったか・・について、次に見ていきますね♪

解離性障害 治る 接し方

父親像を消し去る接し方で解離性障害が強烈に悪化


親の離婚を引き金に、解離性障害を発症してしまった私が、その後母親や周りの家族の接し方でどうなっていったかについて、

  • 父親という存在自体が悪だと言われ続けた
  • 自分自身がわからなくなり解離性障害が悪化

のそれぞれの点から詳しくお話しますね!

父親という存在自体が悪だと言われ続けた


私の解離性障害は、母親や周りの家族の接し方で治るどころか強烈に悪化してしまいました・・(T-T)

  • 母も祖父も接し方は父親の悪口ばかり
  • 私自身も父親への憎しみを作らされた

の両面からさらに詳しくお伝えしますね♪

母も祖父も接し方は父親の悪口ばかり


話し合いの席や、お互い顔を会わせる度にいつも父親の悪口の話題ばかり・・

いや、別にいいんですよ!

そう言われて当然のことをされたわけですから、そりゃそうですよ。

そうですよ・・

そうなんですよ・・・

そうなんですけど、・・なんだかモヤモヤしてたんです・・(;´д`)

だって私はその悪口を言われ続けてる人の血を引いてるわけですからね・・

複雑な気持ちになるんですよ!

それなのに、

「おい、いいか、お前たちの父親は最低なやつだったんだぞ!」

って接し方をずっとずっとずーっとされ続けたら、

「わかってるよそんなこと!・・でも俺はソイツの子どもなんだろ!?ソイツの血を引いてるんだろ!?・・だから俺も嫌いになっちゃうんだろ!?(泣)」

って気持ちになるんです・・(;´д`)

親と子どもじゃ立場が違いますから(汗)

母親たちは離婚して他人になったんだろうけど、私はこの体でいる限り、一生血縁者として父親という存在が切り離せないんです!

だからこそ、正しい意見だと分かってはいても、父親の悪口を言われ続ける接し方で心がパンパンになっていったんです・・

私自身も父親への憎しみを作らされた


解離性障害を発症した私の周りの接し方は、次第に・・

『父親を憎まなければいけない』

という状況(接し方)になっていきました・・

母親たちと私で立場が違っても、もう私には

『父親を憎むしか許されない』

という選択肢しか残っていませんでした・・

子どもだから、母親の辛い思いを一番側で見てきてたから、何も言えませんでした・・

こんな接し方をされ続けた私の解離性障害は、さらに深刻化してひどくなっていったんです・・

自分自身がわからなくなり解離性障害が悪化


父親のことを悪く言う接し方ばかりされた結果、私は自分自身がわからなくなり、解離性障害は強烈に悪化しました・・

その当時の状況について、

  • 完全に父親を記憶から抹消した
  • それまでの自分の感覚が無くなった(解離状態)・・

の両面からさらに詳しくお伝えしますね♪

完全に父親を記憶から抹消した


周りの家族の接し方で、

父親は悪だ!

存在すら許されない!

そんな接し方が続いた結果、パンパンになっていた私の心はついにパンクし、解離性障害は強烈に悪化しました・・

そう、自分と父親を切り離したんです・・

父親という存在を記憶の中から消したんです。

つまり、これまでの中学二年生までの自分そのものを無きものにしたんです・・

「父親と関係のあるコイツは誰だ?・・ん?俺じゃないよ!俺は○○という新しい人間だ!アイツ(父親)とは関係ない!」

今思うと、とっても痛々しい感覚ですが、当時の私は解離性障害で破滅しそうになる自我を守るのに精一杯だったんです・・

自己防衛反応ってやつですね!(T-T)

それまでの自分の感覚が無くなった(解離状態)・・


ここまでくると、解離性障害はとても深刻な状態になりますね・・

そうです、私はそれまで生きてきた14年間で見た景色、触れた感触、かいだにおい・・そういった全ての実感を失ったんです・・

これがいわゆる

『解離』

という状態ですね・・

健常者は不思議におもわれるかもしれないんですが、ホントに感じないんですよ!

例えばスマホを手に取ってみても、自分が今さわっている実感がないんです!

誰かがさわっているのを今自分がはたから見ている感じ・・

解離性障害がここまでくると、今生きている実感がもてなかったり、記憶が飛ぶようになったり、ふと気がついたら知らない場所に来ていたりと・・症状がかなり深刻化します・・

「・・そんなにひどくなっちゃったんだ、解離性障害・・でも接し方が変わって治ったんだよね?なんで接し方変えられたの??」

fukufuku

ええ、もちろん解離性障害治りましたよ♪



実は、母親や周りの家族の接し方が変えられたのは、ある先生からの言葉があったからなんです♪






スポンサーリンク


解離性障害が治る接し方・・それは父親を受け入れる接し方だった!


父親が悪く言われて当然、子どもの前でそういう接し方をして当然という母親の考えが180度変わった理由(きっかけ)・・それは、ある精神科の先生からの言葉でした!

その時の状況について、

  • 母も精神科でカウンセリング
  • 解離性障害が治る接し方は父親を受け入れる接し方だった!

の両面から詳しくお話しますね♪

母も精神科でカウンセリング


私の解離性障害を治したい一心で疲れ果て、ノイローゼになっていた母は、友人に付き添われ、精神科でカウンセリングを受けることになったんです。

そのときの先生からの言葉と、母親の心境の変化について、

  • 先生からの衝撃のメッセージ
  • 母の気づき
  • 解離性障害の私への接し方が変わった!

のそれぞれの点から詳しくお話しますね!

先生からの衝撃のメッセージ


「ウチの子の解離性障害のことで本当に困ってます・・何とかして解離性障害を治してあげたいんです!先生、助けてください・・」

この母の嘆願(たんがん)に先生は、

「お母さん、大丈夫。顔をあげてください。息子さんの解離性障害はきっと治るから。解離性障害には必ずきっかけがあり、解離せざるを得ない状況があったはずです。彼に、父親のことを悪く言っていませんか?彼の父親を否定するような接し方をされてこなかったですか?」

このとき母はドキッとしたそうです・・

「あなたにとって元夫は切り離せても、彼にとって父親は切り離せない。だからといって彼があなたに父親のことを悪く言わないでくれと言えますか?あなたのことが大切で大好きだから口がさけても言えない・・だから彼は解離したんです。

このとき母はやっと気づいたそうです・・

「彼の解離性障害が治るには、解離した彼を取り戻さなきゃいけない。解離した彼に関係のある父親を否定してしまったら、彼は戻ってこられないままだよ。」

まさにこの時の先生の言葉が、私の解離性障害に対する接し方を変えるきっかけになったんです♪

母の気づき


先生のこの言葉があったから、私は気づき、解離性障害に対する接し方を変えられたの・・と、母は私に打ち明けてくれました。

「息子が自分(母親)のふびんさを思いやり、父親という存在と向き合いたい子どもとしての素直な気持ちを封印させてしまった・・本当にごめんね・・」

母のこの言葉を聞いて、私も涙がとまりませんでした・・

解離性障害の私への接し方が変わった!


このとき以来、母親や周りの家族の接し方が変わりました!

父親のことを悪く言わないようになったんです!

でもだからといって良い風に言ったりとかじゃありませんよ!

ただ、私の前で不必要に父親のことを悪く言わないような接し方に変わっていったんです♪

つまり、父親のことを悪と決めつける前に、まず私の父親であるということを認め、そういった意味で受け入れてくれたんです!

解離性障害が治る接し方は父親を受け入れる接し方だった!


解離性障害が治る接し方は、先ほどの先生の言葉にもあるように、父親を受け入れる接し方だったんです!

その接し方になり、私の解離性障害がどう治っていったかについて、

  • 15年ぶりに思い出した優しい父親との楽しかった草野球
  • 解離性障害でふたをしていた記憶が一気によみがえってきた!
  • 15年間苦しんだ解離性障害が治った!

のそれぞれの点から詳しくお伝えしますね!♪

15年ぶりに思い出した優しい父親との楽しかった草野球


私の解離性障害に対する周りの家族の接し方が・・

『私が父親のことを考えようとどう思おうと、自由だよ♪』

という接し方に変わっていってくれて、まず最初によみがえってきた記憶があります。

それは・・

『父親との楽しかった草野球』

です!

今でも、あの当時の空の色、空気のにおい、周りの景色に、優しかった父親の笑顔が鮮明に思い出され、涙がとまりません・・

これが親と子の切っても切れない心のつながりなんだと実感してます(泣)

解離性障害でふたをしていた記憶が一気によみがえってきた!


草野球の記憶がよみがえって以来、解離性障害でふたをしていた記憶が一気によみがえってきました!(^^)♪

今さら・・でしたけど、解離性障害で15年間も空白のままだった中学二年生までの自分の生きた感覚をやっと取り戻すことができたんです♪

15年間苦しんだ解離性障害が治った!


中学二年生までの自分に関連していた父親の存在を許してもいいんだよ、という接し方のおかげで、私は14歳まで生きた感覚を取り戻すことができました♪

それと同時に、リアル感のない感覚や、記憶が飛ぶといった解離性障害の症状は治っていき、無事、15年間苦しんだ解離性障害を治すことができました(^^)♪

解離性障害に対する家族の接し方のおかけだと、本当に感謝しています♪

そして、そんな私から、あなたに最後どうしても伝えたいメッセージがあるんです!(>_<)☆

解離性障害 治る 接し方

解離性障害が治る接し方で悩んでいるあなたへのメッセージ


ここまで、解離性障害が治る接し方について一緒に見てきました♪

あなたの息子さんの解離性障害はきっと治るし、接し方も変えればいいんです♪

ただ、一つだけあなたの心にとめておいていただきたいことがあるんです!

それは・・

決して自分を責めたりしないこと

です!(^^)♪

あなたの離婚は正しかったし、息子さんを守るために最善の決断でした♪

あなたがアイツ(元夫)を悪く言うことも当然ですし、それも正しいです♪

だから自分を責めたりしちゃいけませんよ♪

ただ自分(あなた)と息子さんは立場が違うから、父親に対して思うことも別々であっていい・・ただそれだけなんです♪

そこにさえ気づければ、解離性障害はきっと治る病気ですし、解離性障害に対する接し方も自然と変わってきますから安心されてくださいね♪

「・・うん、わかった♪ありがとう♪・・なんかちょっと安心したら涙出てきちゃった・・」






スポンサーリンク


解離性障害は接し方一つで治る!15年苦しんだ解離性障害を治せた私の体験談!まとめ


最後までご覧くださり、本当にありがとうございました!!

以上、「解離性障害は接し方一つで治る!15年苦しんだ解離性障害を治せた私の体験談!」について見てきました!

私の経験上ズバリ、

  • 解離性障害は治る病気!※個人差あり
  • 解離性障害が治るためには否定的な過去も受け入れて接すること!

ということでしたね!

さらに、あなた自身が自分を責めたりしちゃだめだよ♪ということでしたね☆

私自身、解離性障害をわずらい、そのせいで泣いている母の姿を側で見てきましたから、あなたの今の辛いお気持ちが本当によくわかります・・

本当に、よくこれまでがんばってこられたんだと思います。

辛かったですよね・・

でもでも!☆

接し方一つで解離性障害が治る私のリアルな体験談を通して、あなたの「解離性障害は治るの!?解離性障害が治るためにはどんな接し方したらいいの?」っていう不安の気持ちは軽くなりましたよね♪

私も治りましたからきっときっと大丈夫♪(^^)☆

何か不安に思われることとかあったら、いつでもご相談くださいね♪

ちなみに、解離性障害と併発した強迫性障害(私の体験談)についてもコチラの記事で詳しくお話してます♪ぜひご参考ください♪

(強迫性障害の症状が子供に!?心配なお母さんが知っておきたい3つのこと)

(強迫性障害を克服する方法って?…あなたの心を楽にする4つのこと)

(強迫性障害は認知行動療法で治る?不安なあなたに伝えたい4つのこと)


解離性障害が治る接し方のこと以外にも、他に困ったり悩んだりされたことがあれば、お一人で抱え込まずに、いつでも私にご相談されてくださいね!(^_-)-☆





スポンサーリンク