「あ~…最近外食多かったから今日くらいは自炊しよ♪(冷蔵庫をガチャ・・)卵、卵っと…あれ?、この卵って賞味期限いつだったかな??しまった(汗)、ラベルなくしちゃったから分からない…」

こんな状況、あるあるですよね~(´Д`)

私も卵のパックはすぐ捨てちゃう派なので、その時に賞味期限のラベルまでついうっかり捨てちゃう…なんてこともしばしば(;´д`)

そんな時だからこそ気になる卵の賞味期限!!(>_<)☆

fukufuku

実はいろんなカラクリがあるんです♪♪


学生時代にスーパーで勤めた食品アルバイトで、私は卵の賞味期限の衝撃の裏話について初めて知りましたよっ( ; ゜Д゜)!!

「えっ!?…マジで!?(汗)」

って本気でビビりました~(汗)

今回はそんな私のリアルな体験談も交えながら、卵の賞味期限について一緒に見ていきますね♪(^-^)☆






スポンサーリンク


卵の賞味期限の目安ってどのくらいなの?


まず一番始めに・・

卵の賞味期限ってだいたいどのくらいなのかな??

ってのが気になるところですよね~!(>_<)☆

これはあくまでも一つの目安なんですが、卵の賞味期限としてはズバリ!・・

通常の市販品なら約2週間が目安

です!!(^_^)/☆

なので、卵を買ってすぐに冷蔵庫で保存してあった場合は、2週間を賞味期限の目安にしていただいたらいいかと思います☆

でもですね、卵は卵でも、それが生卵なのかゆで卵なのかで賞味期限が全然違ってくるんです!

まぁ環境次第で卵からヒヨコが産まれるくらい、卵は命の塊のような物ですから当然かもしれませんね~♪

fukufuku

そこでまずは、生卵の賞味期限について詳しく一緒に見ていきますね♪


卵 賞味期限 どのくらい

生卵の賞味期限ってどのくらい?


生卵の賞味期限についてついては、実は一律で何日っという風に決まっているわけじゃなく、卵メーカーによって違うんですね♪(´ω`)

それに、生卵の場合は生きてますから保存温度によっても賞味期限が変わってくるんです!(>_<)☆

卵メーカーによって賞味期限の基準が違う!


スーパーの食品アルバイトをしていた時に、主任から教えてもらったんですけど、お店で市販されている生卵は、卵メーカーによって個別に賞味期限が設定されているんです!

生卵の賞味期限がどのくらいなのかについては、食中毒の原因となるサルモネラ菌の増殖が起こらない期間を元に、卵メーカーが安全性を考慮して設定しているそうなんですね♪

実は私もメーカーで働いていたことがあるんですけど、食べ物にしろ乗り物にしろ、世に物を出すには安全率ってのが必ず必要になってくるんですね!

だから生卵の場合も同じです♪

各卵メーカーは安全性を見越して、通常よりも短めに卵の賞味期限を設定してるんです♪(^-^)

保存温度によって生卵の賞味期限は変わる!


卵メーカーが生卵の賞味期限を設定する時、『保存温度』の影響も考慮しています☆

例えば、夏場と冬場では卵の保存温度が異なりますよね?

鶏が卵を産んであなたの冷蔵庫に入るまで、一貫して冷蔵輸送&冷蔵販売されていれば、季節の影響は受けないかもしれませんが、現実問題としてそれはまず無理があるんです(;´д`)

なぜなら、今でも生卵を常温販売しているお店はありますし、私がアルバイトをしていたスーパーでも、バックヤードに山積みされた生卵が保管されている光景を日常的に見ていたからです(´Д`)

なるべく日陰の涼しい場所に生卵のパックの山を移したりもしていましたが、一貫して冷蔵庫保管し、かつ冷蔵販売はしていなかったですね(汗)

こういった現状があるからこそ、卵メーカーは生卵の賞味期限を季節ごと(保存温度ごと)に個別に設定しているんです♪

だから、夏場に見る生卵の賞味期限と冬場見る生卵の賞味期限とでは明らかにがあるワケですね♪(´ω`)

「ふ~ん…なるほどねぇ~♪生卵の賞味期限についてはよく分かったわ!ありがとう♪生卵でこのくらいってことは、ゆで卵だともっと賞味期限が長くなるのかしら??」

fukufuku

ノンノンノン☆そこが次のミソなんです!火を通している分、ゆで卵の方が長い賞味期限になると思いがちなんですが実はなんですね!!っというわけで次にそんなゆで卵の賞味期限について一緒に見ていきますね♪☆





スポンサーリンク


ゆで卵の賞味期限は意外と短い!


ゆで卵は加熱している分、生卵に比べて賞味期限が長くなると思いがちなんですが、実は逆なんですね~♪(>_<)☆

生卵よりゆで卵の方が賞味期限が短い!

んです!☆

なぜかって??

フフフ・・( ̄▽ ̄;)

なぜなら、生卵は生きていますが、ゆで卵は生きていないからなんです!(´Д`)

ここで言う、『卵が生きている』とはどういうことなのかというと、『卵の殻がガス交換をしている』ということなんです♪

実は、卵の殻には気孔という小さな孔(あな)がたくさんあいていて、この気孔で酸素を取り入れ、不要になった炭酸ガスを排出しているんですね!

まさに呼吸!!(>_<)☆

だから生卵は生きているんです!(^^)♪

ゆで卵はこの機能が失われていますから、生卵よりも賞味期限が短くなってしまうワケなんです!(;´д`)

じゃあゆで卵の賞味期限はどのくらいかと言うと、ゆで具合やその他の条件によってもゆで卵の賞味期限は変わってきますので一概には言えません(汗)

しいて参考を挙げるなら、市販されているゆで卵で賞味期限が5日~7日程度と言われていますよ☆

我が家でも妻が、

fukuko

卵の賞味期限が保つようにゆで卵にしといたよ~♪


と言って、私が冷蔵庫開けたらゆで卵だらけ・・なぁ~んてことがよくあったんですが、その度に…

fukufuku

ゆで卵にしちゃった方が逆に賞味期限短くなっちゃうよ(汗)


と伝えることもしばしばありました~♪

さて、ここで一つ気になる点が出てきます。

そう、卵の賞味期限の期間がどのくらいなのかは分かったけど、卵の賞味期限はいつからスタートするの?ってことです!!(>_<)☆

たしかにぃ~!!!

「いや、鶏が卵産んだ日からでしょ?」

って普通なら考えちゃいますけど実はこれも違うんですね♪(´ω`)

そこには意外すぎる裏話が隠れていたんです!!(>_<)☆

そこで次に、卵の賞味期限のスタートタイミングについて一緒に見ていきますね♪

卵 賞味期限 どのくらい

卵の賞味期限はいつからスタートするの!?


これも食品アルバイトをしていた時に、主任から聞いた意外すぎる裏話だったんですが、実は卵の賞味期限って、鶏が卵を産んだ日からスタートするわけじゃないんですね!( ; ゜Д゜)

スーパーの食品アルバイトをしていて初めて知ったんですが、実は卵の賞味期限の付け方には意外なカラクリがあったんですね~♪(´ω`)

スーパーの食品アルバイトで初めて知った卵の賞味期限の付け方!


卵の賞味期限の付け方の意外すぎるカラクリに気づくきっかけとなった会話があったんですが、それがコチラ↓

(私):「今日はかなり切身が余りましたね~(汗)なのに何で割り引きしないんですか?」

(鮮魚主任):「そうやね~、明日も使えるけんよ。」

(私):「ん?…明日も使うって、この賞味期限今夜までですよね!?」

(鮮魚主任):「別の加工品にパックし直せば大丈夫やけんよ。それができんやつは処分するしかないけどね。」

(私):「ってことは、加工品にパックし直せばそこからまた賞味期限がスタートするってことなんですか!?」

(鮮魚主任):「そやね。食べ物ば大切にせないかんけん、問題なく使える物は大切に使うようにしとるとよ。」

(私):「マジかよ…(;´д`)そんなんアリなん??」

私はこのモヤモヤした複雑な気持ちを解消したくて、翌日食品主任に聞いてみました!

そしたらなんと・・

(食品主任):「あ~…それね、卵の賞味期限でもやってることだよ。意外だったやろ?」



……え?

………マジで!?

……いやいやいや!、意外すぎるでしょ!!( ; ゜Д゜)

主任から聞いた衝撃の言葉にあっけにとられた私でした(汗)

卵の賞味期限はパックした日からスタート!


主任から詳しく卵の賞味期限のカラクリについて聞いてみたところ、実は卵の賞味期限は、『産卵日からスタート』ではなく、『卵をパックした日からスタート』だったんです!( ; ゜Д゜)

意外すぎる卵の賞味期限の裏話にめっちゃビックリしましたけど、私はこの時やっと普段疑問に感じていた謎が解決したんです!!(>_<)☆

その謎とは、『なぜ同じ賞味期限の卵が、卵の特売日に合わせて売り場に大量に並ぶのか?』という疑問です!

普通に考えたらおかしいですよね?

鶏が卵の特売日に合わせて、ある日同時に大量に産卵するわけないですし…(;´д`)

でも卵の賞味期限が、パックされた日からスタートするんだったら可能なんです!

特売日に合わせて、あらかじめ卵をパックせずに保管しておき、特売日前に一気に同時にパックすれば今日産まれた卵だろうが、一昨日産まれた卵だろうが、同じ賞味期限にすることができるんです!

「売れ残った切身の再加工と同じ原理かよ…」

とついつい思ってしまいましたが、安全上も法的にも問題ないのであれば仕方ないのかもしれませんね(汗)

私的にはウルトラC的な裏技に感じてなりませんでしたが、少なくとも、市販されている卵の賞味期限は同じであっても産卵日も同じとは限らないってことですね!☆

私はこの日から、卵のパックを手に取る時の心持ちがだいぶ変わったような気がします(笑)

「う~ん…なるほど~☆そんなスーパーあるあるがあったんだ!知らなかったわぁ(汗)でもスゴく参考になったわ!ありがとう♪あ、ちなみにもし卵の賞味期限が過ぎちゃってたらもうダメなのかな??最後にそこんとこも知っときたいなぁ♪」

fukufuku

ですよね!そこも気になる点ですよね!では最後に、卵の賞味期限が過ぎてしまった時のことについて一緒に見ていきますね☆





スポンサーリンク


卵の賞味期限が過ぎたらアウト?


「しまった!…卵の賞味期限が過ぎちゃった…(;´д`)」

なんてこともありますよね!

そんな時はいさぎよく諦めましょう!(´Д`)

基本的には、卵の賞味期限が過ぎたらアウトだと私は考えています

ただ、全く卵が食べられなくなるかというと、そうではありませんよ☆

生食は無理ですが、しっかりと加熱調理した上ならセーフな場合もあります。

しかし、その卵の賞味期限がどのくらい過ぎているのかにもよりますので、一概には言えません(;´д`)

どうしても加熱して食べたいなら、自己責任で調理してみるしかないですね(汗)

ちなみに、ビビりな私は食中毒が怖いので賞味期限を過ぎた卵は一切食べない派です!(^^)♪

ダウンロード (4)

卵の賞味期限はどのくらい?バイト先で初めて知ったリアルな真実!まとめ


最後までご覧くださり、本当にありがとうございました!!

以上、「卵の賞味期限はどのくらい?バイト先で初めて知ったリアルな真実!」について見てきました!

卵の賞味期限で基本的な目安としては・・

  • おおむね2週間

ってことでしたね!☆

ただ、卵の賞味期限は卵メーカーが独自の安全性を見越して設定していますし、保存温度によっても賞味期限が変わってきますので一概には言えません(;´д`)

あくまでも参考の目安くらいにとどめておいた方がいいかもしれませんね☆

また、卵の賞味期限が産卵日からスタートではないという意外すぎる裏話にはビックリしましたね♪( ; ゜Д゜)

ある意味、学生時代にスーパーでバイトしててよかったなぁと今では思います(笑)(´ω`)

今回の卵の賞味期限に関する私のリアルな体験談が、あなたの「卵の賞味期限ってどのくらいなの?」っていう疑問解消に少しでも役立ってくれたなら、嬉しいです♪(^∇^)♪

卵の賞味期限以外にも、他に気になったり悩んだりされたことがあれば、いつでも気軽に私にご相談されてくださいね!(^_-)☆





スポンサーリンク