「囲碁も面白そうだなぁって思って試しにやってみたけど、囲碁のルールって難しい…(汗)。将棋と違って白と黒の碁石しかないから、囲碁のルールはかなり難しい印象があるなぁ…誰か初心者でも解りやすい囲碁のルールを簡単に教えてくれないかなぁ…」

そんなあなたの心の声、私に届きましたよ♪(^_-)☆

囲碁のルールが難しいと嘆きたくなるあなたの気持ち、よく分かります!

なぜなら、私自身も高校生の時に初めて囲碁にチャレンジした際、

「囲碁のルールがマジで難しい…」

ってめっちゃ痛感したことがあるからです…汗(;´д`)

だ・か・ら・こ・そ!

私はあなたに伝えたい!!

fukufuku

難しい囲碁のルールが簡単に分かる鉄則についてお伝えしたいんです!!☆


  • 難しい囲碁のルールを分かりやすく覚えるにはどうしたらいいの?

っていうあなたの疑問に答えるのと同時に、難しい囲碁のルールが簡単に覚えられた私のリアルな囲碁ルール体験談をあなたが知ったら、あなたは今よりもっと囲碁を好きになれるはずですよ(^^)♪♪

それでは早速、「囲碁のルールは難しい?これさえ覚えれば一生涯忘れない3つの鉄則!」について、一緒に見ていきますね♪






スポンサーリンク


難しい囲碁のルールを簡単に覚える3つの鉄則!


まず一番始めに、

難しい囲碁のルールが簡単に分かるコツとかあるの??

ってのが気になるところですよね!

はい…あるんです!!!(>_<)☆

ゼロから囲碁を始めた私のリアルな囲碁体験上はズバリ・・

  • 囲碁のルールは陣取り合戦!
  • 碁石に役割を持たせれば難しい囲碁のルールも簡単になる!
  • 囲碁の定石が難しい囲碁のルールをもっと簡単にする!

なんです!!!(>_<)☆

この3つが、難しい囲碁のルールを簡単に覚える鉄則なんです♪(私の囲碁体験上)

「なるほどね‼囲碁のルールが難しいから行き詰まってたんだけど、この3つで簡単に解るのよね?」

fukufuku

はい♪少なくとも、ゼロから囲碁を始めた私の囲碁ルール体験上はそうでしたよ♪それでは早速、この3つの鉄則について一つずつ一緒に詳しく見ていきますね♪☆


囲碁 ルール 難しい

囲碁のルールは陣取り合戦!


難しいルールの印象がある囲碁ルールを一言で言うとズバリ、

囲碁のルールは陣取り合戦♪

なんです!(^^)☆

そのことについて具体的に、

  • 最後に自分の陣地の方が広かったら勝ち!
  • 相手の碁石を囲んだら取れる!

の2つから詳しく見ていきますね♪(>_<)☆

最後に自分の陣地の方が広かったら勝ち!


難しい囲碁のルールの最初の壁として、囲碁初心者がまずぶち当たるのは、

「囲碁の勝敗は何によって(どこで)決まるのか?」

ってことなんです…汗(;´д`)

結論からお伝えすると、

囲碁は自分の陣地が多かった方が勝ち!

なんです!

つまり、自分の陣地が相手よりも多いか少ないかで囲碁のルール上勝ち負けは決まるワケですね☆

だ・か・ら、

囲碁のルールは陣取り合戦なんです♪

でも難しいルールの印象がある囲碁だからこそ、

  • どのタイミングで囲碁の勝敗は決まるのか?
  • 自分の陣地を広げる方法は?

っていう疑問が生まれます(´Д`)

これらについてさらに詳しく見ていきますね♪

どのタイミングで囲碁の勝敗は決まるのか?


囲碁のルールが難しいと感じてしまうポイントとして、

囲碁の勝ち負けのタイミングがわかりにくい…

というのがあります…汗(;´д`)

確かに私もコレ、経験しました(泣)

結構悩みますよね(T-T)

「福永くん、もうこれ勝ってるよ。まだやるの?」

って囲碁部顧問の先生に何度も指摘されたことがあり、

「え!?マジですか!?…いつ勝負が決まったんだ…(悩)」

っていつも思ってました…汗(;´д`)

そんな囲碁の勝敗のタイミングなんですが、ズバリ一言で言うと…

相手が降参したタイミング

なんです!(>_<)☆

「あ~このままじゃどうあがいても、俺の陣地の方が少ないなぁ…」

って相手が感じた時に初めて囲碁の勝ち負けが決まります!

ただ、囲碁をやり始めた頃ではまだこの見当がつきませんので、その場合は、

碁石を置けるところまで置ききったら終わり

になります!

最終的には、

整地

という作業をして、囲碁のルール上どちらの陣地が多かったかを数えます!

整地した時点での陣地面積から見ても勝ち負けは一目瞭然なんですが、僅差の囲碁試合の時には整地をしなきゃいけない場面も多々ありますよ♪

自分の陣地を広げる方法は?


難しい囲碁のルールですが、囲碁で相手に勝つには、

自分の陣地を広げる

しかありません!(>_<)☆

でもだからと言って、序盤から

「デカイ陣地を今のうちにGETしちゃえ~」

って感覚でいると、その自分の陣地内で相手の陣地を作られてしまい、逆に自分がピンチに陥ります…汗(;´д`)

これが、

相手に生きられる

と呼ばれる囲碁の状態です!

ですから、囲碁のルールを考える際は、なるべく自分の陣地内で相手に生きられないような広さに抑えながら陣地を確保していく必要があるんです♪(^^)☆

「ふ~ん、なるほどね‼自分の陣地の広げ方がポイントってワケね♪ちなみに、オセロだったら黒で白を挟んだら白が黒になって黒の数が増えるけど、囲碁のルールにはそういうのないの??」

fukufuku

お!、良いところにお気付きになりましたね♪ありますよ!☆『相手の碁石を取る行為』です♪次にそのことについて見ていきますね!



相手の碁石を囲んだら取れる!


囲碁のルールにおいては、

相手の碁石を取る

というのも非常に重要なルール要素になります!(>_<)☆

なぜか?

取った碁石の数だけ、相手の陣地を減らし、かつ自分の陣地を増やせるからです!(^^)☆

まさに一石二鳥ですね♪(^_-)☆

だから油断していて大量の碁石を相手に取られてしまうと一気にピンチになるワケです…汗(;´д`)

じゃあそんな美味しい行為はどうすればできるのかというと…

相手の碁石を囲んだら取れる

んです!

あと一手で相手の碁石を囲みきれるということを囲碁のルールでは、

『アタリ』

と言います!

ですので、囲碁では常にこのアタリを目指して勝負していくわけですね♪

「そっかぁ!ヨシヨシ、少しずつ囲碁の難しいルールが解ってきたぞ~♪でも、将棋と違って碁石に役割がないからなぁ…そのせいで囲碁のルールがスゲー難しいと感じてしまうなぁ…」

fukufuku

お!、またまた良いところにお気付きになりましたね♪そうなんです!将棋とは違って碁石に始めから役割が用意されてない点が、実は囲碁のルールを難しいと感じさせている要因なんですね(泣)。でも大丈夫♪役割がないならあなたが作ってあげればいいんですよ♪☆





スポンサーリンク


碁石に役割を持たせれば難しい囲碁のルールも簡単になる!


ただの黒と白の碁石…

確かに言ってしまえばそうですよね。

だからこそ囲碁のルールが難しいと感じてしまう…汗(;´д`)

でも、役割が用意されてないのであれば、あなた自身で碁石に役割を持たせてあげればいいんです!(^^)☆

この碁石は、相手を誘い込むための碁石…とか、相手の陣地に切り込みにいく碁石とか、与えられる役割はたくさんあります!

だからこそ囲碁は面白いんです♪

一見すると難しいと感じてしまう囲碁のルールですけど、

無い役割は今作ればいい

と発想を転換させただけで、難しい囲碁のルールがかなり簡単に思えてきますよ♪(^_-)☆

このダイナミックさが、囲碁のルールの醍醐味だと私は思います♪

ちなみに、難しい囲碁のルールが簡単に解るようになる鉄則には最後にもう一つあるんです♪

それが、

囲碁の定石

ですね♪(^_-)☆

そのことについて次に一緒に見ていきますね♪

囲碁 ルール 難しい

囲碁の定石が難しい囲碁のルールをもっと簡単にする!


囲碁には、

『定石』

という決まりきった型があります!(^^)☆

例えば、

「今自分が打ったこの一手に対して相手がこう返してきたらこう対応してこうなる」

みたいな感じですね♪

実はこの囲碁の定石を覚えれば覚えるほど、難しいと感じていた囲碁のルールが簡単に思えてくるんです!(>_<)☆

なぜなら、囲碁のルールが難しいと感じてしまう理由に、

次の一手のパターンが多すぎるから

という理由があるからなんです!汗(;´д`)

選択肢が多ければ多いほど、囲碁初心者にとっては、囲碁のルールがより一層難しいと感じてしまいますよね…(T_T)

だからこそ、この囲碁の定石を覚えれば覚えるほど、これまで難しいと感じていた囲碁のルールが簡単に思えてくるんですよ♪(^_-)☆

「フムフム…なるほどね♪最初は難しいなぁと感じていた囲碁のルールだけど、今考えてみるとだいぶ簡単に解ってきたよ♪ありがとう♪☆」

fukufuku

いえいえ、私の方こそありがとうございます♪そんなあなたに、囲碁をゼロから始めた私から最後にどうしてもお伝えしたいことがあるんです!☆





スポンサーリンク


囲碁のルールが難しいと悩んでいるあなたへ


囲碁のルールが難しいと悩んでいるあなたへ私がどうしてもお伝えしたいこと…それは、

囲碁のルールは難しいと感じてしまうけれど、逆にそこが囲碁の魅力♪

ということです!(>_<)☆

あなたが思ってらっしゃったように、確かに囲碁のルールは一見すると難しいかもしれません…汗(;´д`)

私も高校生の時に初めて囲碁のルールを知った際は、

「囲碁のルールってめっちゃ難しい…(泣)」

と青ざめてましたから、あなたのその気持ちがよくわかります。

将棋のように、

『王を取られたら負け』

という明確なルールがあるわけでもなく、

金や飛車のように、

『明確な役割』

があるわけでもない。

でも、そんな難しい囲碁のルールだからこそ、

  • 思考力が養われ
  • あなたの独創性をもったオリジナルな戦略

が生み出せるんです!(>_<)☆

私は高校生の時に初めて囲碁を打った際、この囲碁の魅力に惹き付けられ、囲碁ド素人だったにも関わらず、囲碁部を立ち上げたんです!(^^)☆

コチラの記事で詳しくお話していますように、囲碁で思考力を鍛え、会話をしないでも相手と心が通わせられる醍醐味が囲碁にはあります♪
(囲碁は脳を活性化させる!囲碁の効果を実感して活性化できた私の体験談!)

だからこそ、

囲碁のルールは一度覚えたら一生涯忘れない

と言われているんです!(^_^)♪

あなたも是非、これまで一緒に見てきた3つの鉄則を参考にされて、難しい囲碁のルールを簡単にものにされてくださいね♪(^_-)☆

囲碁 ルール 難しい

囲碁のルールは難しい?これさえ覚えれば一生涯忘れない3つの鉄則!まとめ


最後までご覧くださり、本当にありがとうございました!!

以上、「囲碁のルールは難しい?これさえ覚えれば一生涯忘れない3つの鉄則!」について見てきました!

ゼロから囲碁を始めた私のリアルな囲碁体験上、難しい囲碁のルールを簡単に覚える3つの鉄則とはズバリ・・

  • 囲碁のルールは陣取り合戦!
  • 碁石に役割を持たせれば難しい囲碁のルールも簡単になる!
  • 囲碁の定石が難しい囲碁のルールをもっと簡単にする!

ってことでしたね!☆

初めて囲碁をしようとした時は、難しい囲碁のルールにビックリされたかもしれませんが、この3つの鉄則があればもう大丈夫ですよね♪(^_-)☆

囲碁のルールは難しいけど逆にそこが囲碁の魅力♪

うんうん(^^)☆

難しい囲碁のルールを簡単に覚えることができた今回の私の囲碁ルール体験談で、あなたの「難しい囲碁のルールを分かりやすく覚えるにはどうしたらいいの?」っていう疑問は解消されましたよね♪

難しい囲碁のルールを簡単にものにできた私のリアルな囲碁ルール体験談が、あなたの役に立ったなら、私、とってもとっても嬉しいです♪(^^)♪


難しい囲碁のルールを簡単に覚えるコツ以外にも、他に困ったり悩んだりされたことがあれば、お一人で抱え込まずに、いつでも私にご相談されてくださいね!(^_-)☆






スポンサーリンク