「強迫性障害で苦しんでいるあなた、辛かったね…大丈夫?」

強迫観念で昼も夜も眠れない…

ずっととらわれてる…辛いよ…助けて…

そんなあなたに、強迫性障害を克服した私からメッセージがあります。

「自分を責めないでほしい。そして情報に振り回されないでほしい」

これが私の想いです。

私は強迫性障害を実際に克服しました。

だから、私なりの強迫性障害の克服方法はお伝えできます。

でも、それだけじゃあなたはきっと満足しないと思います。

だって方法論なんか強迫性障害で苦しんでいるあなたほどよく知っているから…

どうしようもなく辛いから、今こうやって強迫性障害の克服方法を調べているんですよね?

でも上手くいかないからあなたは悩み、苦しんでいるんですよね…

これから、私はあなたに4つの大切なことをお伝えします!

そしたらきっとあなたの心は楽になるはずです(^^♪

強迫性障害を克服した私なりの方法を通して、あなただけの克服方法を探っていきましょう!

スポンサーリンク


強迫性障害って克服できるの?…ホントに治るの??


強迫性障害ってホントに克服できるのか・・・?

あなたが一番気になるところだと思います。

けれど、強迫性障害の克服について本当の意味で理解するためには、

「克服できるかできないか」

という点と

「根治療法と対症療法の違い」

の両側面から見ていく必要があるんです。

ではその2つについてこれから見ていきましょう!

強迫性障害が克服&治療できるかできないか・・・


あなたが一番気になっているのは、

「そもそも強迫性障害は克服できるのか?治るのか?」

ですよね!

結論から言うと、

「強迫性障害は克服できる!治る!」

です。

でも当事者の私としては、もうひとつ付け加えたいです。

「克服するプロセスは1つじゃない」

これはすごく大事です。

なぜなら、書籍やネット上にあふれかえっているたくさんの克服方法を実際に試してみても、

上手くいかないことが多いからです…

だから私は無責任に、

「こうすれば絶対強迫性障害を克服できるから!!」

なんてあなたには言えません。

絶対治る治らないが問題じゃないんです。

あなたの今のその辛い心の状態が問題なんです。

だから、「絶対治る治らないの議論」を頭の中でしちゃダメですよ☆彡

杓子定規のように、

「この方法で絶対強迫性障害を克服できる!」

なんて魔法のような方法があったら、強迫性障害で悩む人なんていません。

「ケースバイケースで克服していく」

これが一番あなた心の負担を軽くする克服方法だと私は思います。

私の強迫性障害を私なりに克服できた具体的な方法を、

あなたなりにカスタマイズして克服していくのがベストなんです。

強迫性障害 克服 方法

強迫性障害って完治するの?根治療法と対症療法の違い


ケースバイケースで克服していくのがあなたにとってベストですから、すぐに完治は難しいと思います

でもあなたは強迫性障害の完治を目指せるんです!

ただ、膝をすりむいて治る完治とは違います。

ケースバイケースで克服していくプロセスそのものが、強迫性障害の完治の形だと私は思っています。

そういった意味では、

「それって対症療法なんじゃないの??」

と思うかもしれません。

でも見方を変えてみてください。

世の中の病気で、「完治するもの」ってどれくらいあると思います??

風邪だってヘルペスだって油断すれば簡単に再発します。

きれいさっぱり完治する病気って、すごく少ないと思いませんか?

強迫性障害だって、そのうちの一つだと考えれば、気持ちが楽になると思います。

しかも、強迫性障害は、私のように治る病気なんです。

克服できる病気なんです。

あなたのその辛さを軽くすることだってできるんです!

じゃあ強迫性障害の克服方法って一体どうするの?って気になりますよね!

それでは早速、私が実践した強迫性障害の克服方法について見ていきましょう!

スポンサーリンク


強迫性障害ってどうやったら克服できるの?…その方法は??


私の場合は、「認知行動療法」で強迫性障害を克服していきました。

その当時の私の強迫観念は、加害恐怖でしたね…

歩道で高齢者や子どもとすれ違った際、

「…今おばあちゃん道路に突き落としたかも…大丈夫かな…??」

とか、

「あれ??今小さな子ども突き飛ばしたんじゃないかな…??」

こんな加害妄想ばっかりでした(T_T)

その度に確認に行っては戻り、行っては戻りの繰り返しで1日が終わっていましたね…(T^T)

24時間体制で、強迫性障害からくる加害恐怖に支配されていましたので、病状的にはかなり深刻でした。

ばかばかしい・・・と解ってはいるけどやめられない・・・

私の場合、症状が重かったですので、はじめは薬物療法にトライしたんです。

でも薬の副作用が辛すぎて、途中でドロップアウトしてしまいました…(泣)

そんなときに先生が勧めてくれたのが、

「認知行動療法」

でした。

私の強迫性障害の場合は、

「おばあちゃんと歩道ですれ違った=突き落とした!?」

という歪んだ思考回路(認知)でしたので、まずはこの考え方の矯正からスタートしました。

でもこれが超キツいんです…(ToT)

けれど私にはこんな強迫性障害なんかに負けていられないがありましたから、頑張りました。

まず高齢者や子どもをわざと目に焼き付け、目をつむって30㎝歩くことからトライしました。

目をつむった瞬間、

「やばい…今この瞬間におばあちゃん突き落としたかも!?…怖い…怖いよ」

という強迫観念が沸々とわいてきます…

それでも我慢してやっとの思いで30㎝進み、パッと目を開けてみると

「あ、道路に誰も倒れてないや…はぁ…良かった」

と安堵し我に帰ります。

この繰り返しをひたすら続けて、35㎝クリア!…60㎝クリア!!とコツコツ続けていきました。

そしたらだんだんと自分の行動に自信がついてきました。

すると私の心の中である変化が起きました。

「私は目をつむって歩いても誰も傷付けていない」

「おばあちゃんを見ても傷付けていない」

「そもそもおばあちゃんを見たからって傷つけるわけがない」

というように、おばあちゃんを見たときの考え方が変わっていきました!

私にとっては、これが認知を矯正できた瞬間でしたね!

すごく嬉しくて心の負担が軽くなりました!

「やったー!!これで強迫性障害を克服できた!!(^^♪)」

・・・と、そう思ったのもつかの間、2年後にショッキングな出来事が私を襲いました(泣)

その出来事とは・・・

強迫性障害 克服 方法

強迫性障害って再発するの?…とっても気になる再発の可能性


強迫性障害は再発します。

でも100%じゃありませんから安心してくださいね。

なかには0%、つまり強迫性障害を再発しないで生活できる人もいます。

強迫性障害が再発する可能性は人それぞれです。

あなたは強迫性障害が再発することに対して、すごく不安だと思います。

私も再発するかしないかで、すごく不安でした。

そして実際に強迫性障害の症状が再発してしまいました。

そう、それが2年後に起きたショッキングな出来事です(T_T)

「加害恐怖は克服したはずなのに、なぜ?」って思いますよね?

そうです、確かに私は加害恐怖を克服しました。

でも私がそのとき克服したのは、

加害恐怖という強迫性障害のうちの一種類だけだったんです。

強迫性障害が再発したタイミングは、

ちょうど生活環境がガラッと変わったとき

でした。

生活環境の変化という私の心の隙間に、強迫性障害は形を変えて潜り込んできたんです。

「加害恐怖」→「不潔恐怖」へ…

このシフトチェンジはかなり辛かったですね…(T_T)

強迫性障害は、ちょっとしたことが「きっかけ」で発症する場合があります。

いわゆる「トリガー」です。

私の場合は、生活環境の変化がそのトリガーになってしまいました。

でも大丈夫です!!(^^♪

強迫性障害のトリガーを引いちゃっても、上手く対応して克服し続ける方法があるんです!

えっ!?その方法って何???

気になりますよね?

ではその方法について見ていきましょう!

スポンサーリンク


強迫性障害がもし再発したら?…でもこうすれば大丈夫!!


強迫性障害の症状が再発してしまったとき、私は加害恐怖のときに学んだ

「認知を変えるトレーニング」

これを不潔恐怖に置き換えて、コツコツ実践していきました。

3年くらい??長くかかりましたが(笑)、これもなんとか克服できました(^-^)

私はこのときふとあることに気づいたんです。

「あれ?…ちょっと待てよ。こうやって恐怖の対象ごとに対処して克服し続けていけばこれから先も怖くないやん!」

まさにひらめきでしたね!!!(#^.^#)

  • 強迫性障害は治る
  • 強迫性障害を克服する方法はある
  • 強迫性障害は再発する可能性もある
  • 再発してもその都度克服し続ければいい
  • だから再発リスクに毎日おびえる必要なんてない

こう考えると、あなたの不安な気持ち、すごく楽になりませんか?

強迫性障害 克服 方法

強迫性障害を克服する方法って?…あなたの心を楽にする4つのことまとめ


最後までご覧くださり、ありがとうございました!

以上、「強迫性障害を克服する方法って?…あなたの心を楽にする4つのこと」について見てきました。

長期戦になる病気かもしれないけれど、私は強迫性障害と上手く付き合っていっています。

「クセのあるやつだけど、上手く付き合って前向きに生きていく」

これが、20年余りの闘病生活の中で、私が感じた強迫性障害の克服スタイルです。

ちまたにあふれかえっている情報は、あくまで参考程度です。

大切なのは、その情報をマネて強迫性障害が克服できるかできないかではありません。

あなたに合った方法で強迫性障害を克服していくのが大切

なんです。

だから焦らないでいいんですよ(^^♪

あなたのペースでゆっくりとトライしていきましょう。

そしてらきっと、今の苦しい症状から解放される日が来ます。

このページを見てくださっている時点で、

あなたと私は戦友です!!(^^)

辛くなったら、しんどくなったらいつでも私に相談してください。

一度きりの人生ですから、一緒にゆったりいきましょう!(^^☆彡

あと、行動認知療法に関しては別記事で詳しく書いていますので、是非そちらもご覧になってくださいね(^^)

強迫性障害は認知行動療法で治る?不安なあなたに伝えたい4つのこと





スポンサーリンク