「うわぁ・・・何この副作用??めっちゃキツイ・・・」

強迫性障害で薬を服用されているあなたなら、きっと感じることだと思います。

辛いですよね…(T_T)

その気持ち、とてもよくわかります。

私はパキシルという強迫性障害の薬を服用していたんですが、副作用がめっちゃキツかったです。

薬を飲んだら手足が超こわばるし、ガッチガチになって呼吸もしんどくなりました。

仕事中よく抜け出してトイレで薬の副作用と闘ってましたね(笑)

でも大丈夫です!!

これからお伝えする5つのことをあなたが知ったら、

もう強迫性障害の薬の副作用の辛さで悩む必要はありません。

きっと心が楽になりますよ(^_-)-☆

それではそんな5つのことについて早速見てきましょう!

スポンサーリンク


強迫性障害の薬の副作用が辛すぎる…みんなそうなの??


あなたがやっぱり一番気になるのは、

「他のみんなも同じように強迫性障害の薬の副作用で苦しんでるの??」

ってことですよね!

はい、同じです。

みんな薬の副作用で苦しんでいます。

強迫性障害の薬に対する感受性には個人差がありますが、

みんな同じように薬の副作用で苦しんでいるんです。

あなただけじゃありませんから、大丈夫ですよ(#^.^#)

私の場合は、「パキシル」っていうSSRIの処方薬を飲んでいました。

私の信頼していた主治医の先生は、根っからの薬キライ派でした(´・ω・`)

ですから、強迫性障害の薬も渋々処方していたような感じでしたね。

それに、先生としてはある意図があって薬を処方してくださっていたみたいです。

実際飲んでみてビックリ!!

体中のこわばりがひどいひどい…

私の場合は、特に上半身のこわばりがひどかったです(T_T)

もう一つ私、を苦しめた強迫性障害用治療薬の副作用がありました。

それが「口渇感」です…

もうですね、口の中がカラッカラになってしまって、仕事中もしょっちゅう水飲みに行っていましたよ(笑)

はじめて薬を飲んだ時は、

「なんだこの副作用?!…ホントに大丈夫か??」

って思ってしまいました。

それぐらい、強迫性障害治療薬の副作用はキツかったですね(泣)

私もこんなでしたし、大丈夫ですよ。

あなただけじゃありません。

最近のSSRIは副作用が弱く工夫されているみたいですが、

「え!?これで弱いレベル??」

つ思ってしまうくらい、飲み始めは副作用がキツいです。

先生や薬剤師さんから事前に説明される重篤な副作用でない限り、ある程度の薬の副作用はみんな経験します。

だから安心してくださいね(^^)/

じゃあそんなみんなが経験する強迫性障害治療薬の副作用ですけど、

「ずっとしんどいままなのかな…?」

って気になりますよね!

そこで次に副作用に対する体の慣れについて見ていきたいと思います!

強迫性障害 薬 副作用

強迫性障害の薬の副作用が辛い…体は慣れるもんなの??


強迫性障害治療薬の副作用は、そのうち慣れます(#^.^#)

だから、今しんどくても心配しなくて大丈夫ですよ!(^^)

私の場合は、薬の副作用に慣れるのに2か月くらいかかりました。

特に飲み始めの1週間くらいはめちゃくちゃキツかったです…(T_T)

壁や手すりを伝わりながら歩いて仕事していた気がします(笑)

でも、それも次の週、そしてまた次の週と飲み続けていくうちにだんだん副作用が軽くなっていきました。

そしてだいたい2か月くらい経ったころから、だいぶ楽になってきました。

だから心配しなくても大丈夫ですよ。

体は薬に慣れていきますから(^^☆

でも、強迫性障害の薬の副作用に対する慣れにも個人差がありますし、

「一体いつまで薬を飲めばいいんだよ?」

って気になりますよね?

そこで次にどれくらいの期間、強迫性障害の薬を飲む必要があるのかについて見ていきますね!

スポンサーリンク


強迫性障害の薬の副作用が辛い…いつまで続くの??


どれくらいの期間、強迫性障害の薬を飲めばいいのかなって、当事者にとってはすごく気になりますよね。

私の場合は半年でした。

半年くらいは薬の副作用と闘って我慢しないと効果でないよ…ってことなんでしょうか。

先生からは「だいたい3か月」って言われます。

3か月目でようやく薬の効果が出始める可能性が高いからだそうです。

「いやいや、マジ副作用きついからそんなのムリ…」

ってきっと思うでしょう。

私もそうでした。

飲んですぐに薬を止めたくなりましたけど、離脱症状のこともあるし、

我慢して強迫性障害の薬を飲み続けましたよ…(T_T)

しかし、先生から言われた3か月が経過するも・・・変化なし・・・

「っおい!この薬、ホントに効いてんのか??」

って正直思いました。

けど、強迫性障害の薬に対する感受性には個人差があるみたいなので、我慢しました。

「いつかきっと薬が効いてくるさ」

そうポジティブに考えるようにしました(笑)

結局私の場合は半年で薬が少し効いてきましたので、それまでは強迫性障害の薬の副作用と闘ってましたね(^^;)

だから安心してください。

いつまでも薬の副作用と闘う必要はありません☆彡

とは言っても我慢には限界があります。

すぐに、強迫性障害用治療薬を止めたい人もいると思います。

そんな時に思うのは、

「ホントに薬飲まなきゃいけないの?」とか

「薬飲まなきゃ強迫性障害は治らないの?」

ですよね。

では次にそれについて見ていきましょう!

強迫性障害 薬 副作用

強迫性障害の薬の副作用が辛い…ホントに飲まなきゃいけないの??


ホントに辛い強迫性障害の薬の副作用…

辛くて耐えられそうになかったら、

相談して止めて大丈夫です。

だから心配しなくても大丈夫ですよ(#^.^#)。

薬の離脱症状にだけ気を付けて、先生に相談しながら薬を止めてもいいと私は思います。

なぜなら、私もそうだったからです。

私の場合、7か月くらい欠かさず強迫性障害用治療薬を飲み続けました。

けどやっぱり薬の副作用がしんどくて、途中で先生に相談して薬を飲むのを止めました。

その時は特にひどい離脱症状はなかったです。

先生が徐々に薬を減らしてくれたのがよかったんだと思います。

パキシルのようなSSRIは、確かに強迫性障害に効果があると言われています。

私自身もなんとなく強迫性障害の症状が治まったような気がしました。

じゃあやっぱり薬は飲まなきゃいけないのかよって思いますよね?

でも絶対に薬を飲まなければ治らないということは決してないんです(^^♪

私は断薬して以降、認知行動療法に切り替えて強迫性障害を治しました。

薬だけに頼らなくとも、治せたんです☆彡

だから安心してください。

薬の副作用に耐えられないくらい本当にキツかったら、

薬以外のアプローチで強迫性障害を治していっていいんです☆彡

そこで気になるのが、そんな辛い薬の副作用を感じなくてすむ強迫性障害の治し方ですよね!

では最後にそれについて見ていきましょう!

スポンサーリンク


強迫性障害の薬の副作用が辛い…でも大丈夫!私は使わずにこうして治った


強迫性障害用治療薬の副作用で、悩まなくてもいいように、薬を飲まない選択をしたあなた。

大丈夫です。

飲まなきゃ絶対に強迫性障害が治らないわけではありません。

薬を飲まなくても強迫性障害を治す方法はありますし、私がそうでした。

だから安心してください。

薬を飲みたくないと思ったら、遠慮せずに主治医に相談しましょう☆

もう毎日続く辛い薬の副作用に悩まされる必要なんてないんですよ(#^.^#)

私が強迫性障害用治療薬の副作用の辛さから完全に開放されたのは、

認知行動療法に出会ってからです。

もともと先生が薬物療法嫌いでしたので、正直それがよかったんだと思います。

強迫性障害は物事の捉え方が歪んでいるので、それを矯正するトレーニングでした。

これもこれで辛かったですけど、

パキシルのような強迫性障害用治療薬の副作用の辛さと比べればまだマシでした(笑)

冒頭で、先生が意図して薬を出さなかったのかもしれないとお伝えしたと思います。

これは私の憶測ですけど、たぶんそうです。

「薬の副作用がこんな辛いんだったら、他の方法で治すさ!」

そう思って認知行動療法で治した私に先生はこう言ってくれました。

「薬はきっかけでしかない。副作用の辛さが認知行動療法にトライする動機になって、君をここまで成長させたんだよ」

この言葉を聞いた瞬間、私は胸がいっぱいになりました(T_T)

薬の副作用のインパクトがきっかけになって、強迫性障害が治ることもあるんですねぇ~(^^)

私のように、薬の副作用がキツ過ぎて耐えられなかったら、こんな逃げ道もあるんです。

だから強迫性障害の薬の副作用のことで悩む必要なんてないですし、飲まなくても私みたいに症状を改善できるんです。

だから安心してくださいね(^_-)-☆

強迫性障害 薬 副作用

強迫性障害の薬の副作用が辛い…辛いあなたを楽にする5つのことのまとめ


最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、「強迫性障害の薬の副作用が辛い…辛いあなたを楽にする5つのこと」について見てきました。

本当に、強迫性障害の薬の副作用は辛いです…(T_T)

でもみんな薬の副作用には悩んでいますし、辛くなったら相談して止めてもいいんです。

服薬を続けていくにしても、体は薬に慣れていきますので安心してください(#^.^#)

それに、私が経験した認知行動療法っていう逃げ道もあります。

薬の副作用の辛さに人生振り回される必要なんてないんですよ(^^♪

安心してください。

もし強迫性障害の薬の副作用が辛すぎたら、

「薬を飲まなくても治す方法があるから大丈夫♪」

って思ってください。

ただその時は先生によく相談して離脱症状にだけは気を付けてくださいね(^_-)-☆

スポンサーリンク