「お!(´・ω・`)、今日のパンは『小倉&マーガリン味』かぁ~♪♪やっぱ小倉餡(あん)とマーガリンの相性は抜群よね~!このつぶあんが合うのよね!・・・ん?そう言えば何で小倉餡(あん)って呼ぶのかしら?同じ小豆餡(あん)なのに、違いがあるのかな?確かこの前冷蔵庫で見つけたようかんにも小倉味と小豆味があったような…(汗)どっちも小豆餡(あん)やん!ってツッコミどころ満載だけど(笑)、何が違うんだろう…めっちゃ気になる…( ; ゜Д゜)☆」

ですよね~!!(>_<)☆

私もあんこ好きなので、あなたの気持ちめっちゃ解ります!♪♪

私も小倉&マーガリン大好きで、小倉トーストとかも大好物なんですけど、小豆と小倉の違いって以前からすごく気になってたんですよ~!(´・д・`)

私の場合、出張でよく博多に行ってたんですけど、JRで小倉駅通る度に…

「あ、小倉&マーガリン食べたいな…」

って思って、

(「おいおい(笑)、その小倉じゃないよ~☆糖分足りてる??(笑)♪」)

と自分にツッコミ入れつつも、やっぱなんとなく小倉と小豆の違いが気になっていた私♪(笑)☆

帰りのJRの中で、小倉&マーガリンをパクッと食べつつ、いろいろ調べてみたら、

「え!?( ; ゜Д゜)同じ小豆餡(あん)でもこんなに違いがあるの!?」

「何!?( ; ゜Д゜)そっちの小倉だったの!?そんな由来が…」

ってビックリすることがたくさんありました☆

「ほ~う☆、なるほどねぇ~♪違いや由来まで知って改めて食べる小倉&マーガリン…超ウマい♪

ってついつい感じちゃいました☆(´ω`)♪

fukufuku

同じ『小倉&マーガリンファン』として、あなたの疑問をぜひ解決したいですから、早速そんな小豆と小倉の違いや由来について、手書きのイラストイメージも交えながら一緒に見ていきますね!☆(^ω^)♪
(コレを知ればさらにあんこ好きになること間違いナシですよ~♪♪(^^)☆)

小豆と小倉の違いって何なの?

まず気になる小豆と小倉の違いについてなんですが、実は…

  • 餡(あん)
  • ようかん

の2つの視点から見た違いがあるんです!♪

そんな小豆と小倉の違いについて、それぞれの視点から詳しく見ていきますね!♪☆

餡(あん)から見る小豆と小倉の違い

小豆と小倉の違いとしては、餡(あん)の状態で見た時の違いがまずあります!(^_^)♪

小倉っていうのは、基本的に小倉餡(あん)のことです。

この小倉餡(あん)に材料として使われている豆が小豆ってことなんですね♪

だから、小倉餡(あん)のことを広い意味で小豆餡とも呼びますが、厳密に言えば…

『小倉餡(あん)は小豆餡(あん)の中の一種』

って感じになりますね!

イラスト的にはこんなイメージですね~♪

小豆 小倉 違い ようかん 由来 餡

ようかんから見る小豆と小倉の違い

また、ようかんの視点で見た時には、小豆と小倉の違いの意味合いが少し違ってきます!(・ω・`)

それはようかんの味の種類の違いです☆

ようかんには、

  • 小豆
  • 小倉
  • 本練り

の3種類の味があることが多いと思うんですが、この違いのことを指すことが多いんですね♪

イラストイメージで整理すると、こんな感じですね♪

小豆 小倉 違い ようかん 由来 餡

さらに、この違いがどこにあるのかというと、ブレンドされている餡(あん)の違いにあるんです!(^^)♪

  • 小豆→漉し餡(あん)も含めて小豆のブレンド餡(あん)で作ったようかん
  • 小倉→大納言小豆のつぶあんと漉し餡(あん)のブレンド餡(あん)で作ったようかん
  • 本練り→漉し餡(あん)で作ったようかん

私の感覚的には、大納言小豆の割合、つまり小倉餡(あん)の比率が高い方が小倉のようかんなんだと思います☆

こうなってくると、ようかんにおいても、詰まるところは餡(あん)の状態によって違いが出てきているワケですので、やっぱり餡(あん)のつぶがどんな状態にあるのかについてもっと詳しく見ていかなきゃと思いますよね♪

fukufuku

そこで次に、同じ小豆でも餡(あん)のつぶの状態で違いがある小倉あんと他の餡(あん)について一緒に見ていきますね!(^^)☆


小豆 小倉 違い ようかん 由来 餡

同じ小豆でも餡(あん)の状態で違いがある小倉あんと他の餡(あん)

同じ小豆から作られた餡(あん)であっても、その餡(あん)のつぶの潰れ具合や漉し(こし)具合、小豆の皮の状態で種類に違いが出てくるんですね!(^_^)♪

小豆と小倉の違いを把握するにはココを必ず押さえておく必要がありますので、それぞれ詳しく見ていきますね♪

小豆餡(あん)の種類①つぶあん!

まず、つぶあんですが、これは小豆のつぶの原形を崩さないように煮詰めた状態の小豆餡(あん)のことを指します!♪☆

つぶがキレイに残った餡(あん)なので『つぶあん』

と言うわけですね♪

イラストイメージだとこんな感じ☆

小豆 小倉 違い ようかん 由来 餡

小豆餡(あん)の種類②小倉あん!

続いて小倉餡(あん)とは、少し煮崩れしてしまっているけれども、小豆のつぶの原形が半ば残っている小豆餡(あん)のことを指します!♪

小倉餡(あん)パンに使われている餡(あん)は、この状態の餡(あん)ってことですね~☆

イラストイメージだとこんな感じ☆

小豆 小倉 違い ようかん 由来 餡

小豆餡(あん)の種類③漉し(こし)餡(あん)!

続いて漉し(こし)餡(あん)とは、小倉の状態の小豆餡(あん)を裏ごしして、小豆の皮を完全に除去したもののことを指します!♪♪

だから、つぶあんや小倉餡(あん)に比べて舌触りが全然変わってくるんですね♪

イラストイメージだとこんな感じ☆

小豆 小倉 違い ようかん 由来 餡

小豆餡(あん)の種類④晒し(さらし)あん!

最後に晒し(さらし)餡(あん)ですが、この餡はさらにそれを水で溶いて、その上澄みを除き、残った餡(あん)を乾燥させて粉末化させたもののことを指します!☆

ものすごく手間暇がかかっている餡(あん)なんですね~♪

イラストイメージだとこんな感じ☆

小豆 小倉 違い ようかん 由来 餡

ここまで見てくれば、もう餡(あん)のこと、小豆と小倉の違いについてはバッチリですよね♪

ただ私はこの時にふとあることに気づいてしまったんです!(汗)

小倉餡(あん)の呼び名の根拠だけが他の餡(あん)と違うことに!!!

つぶあんや漉し(こし)あんは、その名前自体が小豆のつぶの状態を表現しているのに、小倉餡(あん)だけが違う…

なぜ!?( ; ゜Д゜)

って思いません??

私はその由来がめっちゃ気になりました(;´д`)(超汗)

fukufuku

そこで次に、そんな小倉餡(あん)がなぜ小倉と呼ばれるのか…その由来について一緒に見ていきますね♪

小豆餡(あん)の小倉はなぜ「小倉」と呼ばれるの?由来は?

小豆餡(あん)の小倉がなぜ「小倉」と呼ばれるのか…その由来は、小倉餡(あん)に使用される大納言小豆の産地にあったんです!☆

京都の北西部にある小倉山で採れた小豆を使っているため、小倉餡(あん)と呼ばれているんです!☆(^_^)♪

平安時代から詠まれている和歌

「小倉山峰のもみぢば心あらば今ひとたびのみゆきまたなむ」

にも登場しているほど、小倉山は有名な紅葉の名所なんですね♪

小倉と呼ばれる由来はココにあったとは驚きでした~♪

ちなみに、コチラがそんな小倉山の風情ある景色がリアル感タップリに味わえる動画です♪

こんな道通るの!?

こんなとこ渡るの!?

ここから山道入り口なの!?

と驚きの連続でついつい見入ってしまう7分11秒の素敵な動画です♪

小倉山山頂で食べる小倉餡の和菓子や昼食は最高なんだろうなぁ~♪♪

きっとすごくホンワカした幸せな気分になれますから、ぜひぜひご覧になってみてくださいね♪☆

九州の小倉(コクラ)ではなく、京都の小倉ってことがハッキリいたしましたので、コレでもう、出張の際に小倉&マーガリンをふと思い出すことはなくなりそうです(笑)♪☆

そのかわり、動画内のように風情あるステキな小倉山の景色を思い浮かべるかも♪(^-^)☆

そんな小倉餡(あん)なんですけど、忘れてはならないのが大納言小豆

実はすごーく密接な関係にあったんですね!

fukufuku

そこでそんな小倉餡(あん)と大納言小豆の関係についても次に一緒に見ていきますね♪

小豆 小倉 違い ようかん 由来 餡

小倉と大納言小豆の密接な関係!小倉餡(あん)は材料の大納言小豆が決め手♪

小倉餡(あん)と大納言小豆にはとても密接な関係があるんですね!

実はこの小倉餡(あん)の味の決め手になるのが、大納言小豆なんです♪

材料として小倉山で採れる高品質な大納言小豆を使うからこそ、小倉餡(あん)は美味しくなるんですね!(^o^)♪

ですので、あんパンのパッケージに…

『大納言小豆使用!』

と大きく表示されたパンは即買いしちゃってる私♪

普通のあんパンよりも格別に美味しく感じるのは私だけかな(笑)♪☆

さて、ここまであなたと一緒に小豆と小倉の違いについて見てきましたけれど、由来も含めてもうバッチリですよね♪

あとは美味しくいただくのみ♪(´ω`)♪

fukufuku

ということで、和菓子大好きな私から最後に、小豆と小倉の違いを活かした美味しい和菓子についてお伝えしますね~☆

小豆と小倉の違いを活かした美味しい和菓子♪

あんこが使われている和菓子って、どれもすごく美味しいんですけど、小豆餡(あん)の種類によって、どんな和菓子に使われるかが違ってくるんです!

例えば、つぶあんや小倉餡(あん)の場合、大福餅、最中、どら焼きなんかに最適です☆

一方で、漉し(こし)餡(あん)なら紅葉饅頭や桜餅、くず餅なんかによく使われていますよね♪

小豆餡(あん)の種類によって、味だけでなく、小豆のつぶの舌触りなどの食感も変わってきますから、そういったところも大きく影響しているのかもしれませんね!(´・ω・`)

私はまだ一度もお目にかかったことはありませんが、桜餅やくず餅の小倉餡バージョンなんかがあったら面白いなぁと思います(笑)☆

駅の土産屋さんや道の駅辺りで変わり種の和菓子を見つけたら、是非食べてみたいですね~♪♪(´ω`)♪

和菓子大好きですので、あなたもそういった和菓子をご発見された時にはぜひ教えてくださいね♪☆

よろしくです♪(^_-)☆

小豆 小倉 違い ようかん 由来 餡

小豆と小倉の違いはようかんと餡にアリ!由来も知って食べるあんこは格別♪まとめ

最後までご覧くださり、本当にありがとうございました!!

以上、「小豆と小倉の違いはようかんと餡にアリ!由来も知って食べるあんこは格別♪」について見てきました!

いかがでしたか?☆(^-^)♪

小豆と小倉の違いとしては…

  • 餡(あん)の状態
  • ようかんの味

の2つの視点があって、同じ小豆餡(あん)でも、小豆のつぶの状態によってたくさん種類があるってことでしたね♪

いやぁ~♪、小豆と小倉の違いや由来について、ここまで語れるとは!ビックリしました♪

たかがあんこ、されどあんこですね♪(>_<)☆

小倉&マーガリンや和菓子大好きな私、そしてあなたなら、ぜひ押さえておきたいトピックだなぁと思いました♪☆

今回の小豆と小倉の違いや由来についてのお話が、あなたのお役立てれば幸いです☆(^ω^)♪

小豆と小倉の違い以外にも、ぜんざいとおしるこの違いなどあんこ好き必見のお話もしておりますので、コチラもぜひご参考くださいね♪

ぜんざいとおしるこの違い!関東と関西(九州)での違いと美味しい作り方

おはぎとぼたもちの違いは?食べると幸せになれるのはこっち

今回の『小豆と小倉の違いと由来』についてのお話以外にも、他に気になったり悩んだりされたことがあれば、いつでも気軽に私にご相談されてくださいね!(^_-)☆