「あれっ?・・最近なんか洗濯物がカビ臭い・・もしかして洗濯機・・?」


「・・パカッ・・・・ぷ~ん(臭)・・」


「うわぁっ!?何この臭い・・やっぱり洗濯機カビてる!?・・」


洗濯機の洗濯槽に発生していたカビを発見してしまったときのあなたのショックな気持ち・・私はよく解ります。

なぜなら、私もあなたと同じように子育てをしている親ですし、何より私自身がカビ研究員としてカビの実験や研究をしていたからです。

キレイに洗った洗濯物にカビがついていると思うと、本当にショックですし、テンション下がりますよね・・

私ももちろん自宅でカビに遭遇したことはありますが、カビ取りで何よりも苦い経験をしたのは、カビ研究員として特殊なカビの研究や実験をしていたときです。

目的とする特殊なカビ以外は絶対に殺菌しなければいけない状況で、何度も失敗し、コンタミ(雑菌汚染)してしまいました。

だからその度に、


邪魔なカビをいかに簡単にキレイに取るか


が問題となり、いろいろと試行錯誤する中で、私なりのカビの取り方を見つけたんです!

ただ、そうこうしているうちに私の自宅の洗濯機の洗濯槽にもカビが発生してしまい、洗濯槽に生えたカビと私とのバトルが始まりました。

お恥ずかしい話ですが、私は建物自体がとてもジメジメしている日当たりの悪い団地に住んでおりまして・・水回りは非常にカビやすい環境にあったんです・・(泣)

毎日の洗濯物にカビを巻き散らかさないためにも、何とかして洗濯機の洗濯槽のカビを取りたかった私は、あることを思いつきました☆彡

それは・・


「そっか!・・研究室でのカビの取り方を応用すればいけるぞ・・よし!!・・」


ということでした。

結果はもちろん簡単にキレイに、洗濯機の洗濯槽に生えたカビを取れたんです!

しかもそれ以降一度も洗濯機の洗濯槽にカビをはやしていません(^^♪

だからこそ、この洗濯機の洗濯槽に生えたカビの取り方をあなたにも知ってほしいんです!♪

相手は確かに手ごわいカビですが、洗濯槽に生えたカビの取り方を間違えると、あなたの体にも悪いですし、小さな子供さんがいらっしゃるあなたのご家庭ではなおさら健康に悪いです。

簡単に早くかつ安全に、そして失敗のリスクを避けながら洗濯機の洗濯槽のカビを取りたいですよね!

カビ研究員の私がこれからお伝えする3つのポイントを知ったら、あなたの今のショックな気持ちはきっと解消するはずですよ♪

では早速、洗濯機の洗濯槽に生えたカビの失敗しない取り方について、カビ研究員の私がお伝えする3つのポイントを見ていきますね!



スポンサーリンク


洗濯機のカビの取り方は超簡単!カビ研究員が教えるカビ取り3箇条!


カビ研究員の私が、洗濯機の洗濯槽のカビの取り方であなたにお伝えしたい3箇条があります。

それが次のカビ取り3箇条です↓

  • カビ取り前の準備を怠らないこと!
  • 酸素系漂白剤を使用すること!(過炭酸ナトリウム粉末)
  • 洗濯槽をよく乾かすこと!

この3箇条(ポイント)をしっかり押さえた洗濯機の洗濯槽のカビの取り方を実践すれば、よほど重度のカビ汚れでない限り簡単に早く、かつ安全に取ることができるというのが、私の見解です!

フローリングや押入れなどの木製製品に付いたカビを取る場合、漂白剤は使用できませんので、


カビの殺菌工程とカビ汚れを落とす工程を別々に行う


必要があったのですが、洗濯機の洗濯槽の場合はその必要はありません。

塩素系漂白剤に比べ、色物にも使用可能な酸素系漂白剤を使用することによって、洗濯機の洗濯槽のカビ取り時間の効率化が可能感なんです!

しかも、同じ酸素系漂白剤の中でも、粉末タイプの「過炭酸ナトリウム」を使用することで、よりあなたと環境にやさしい安全なカビ取りが可能になります!(^^♪


洗濯機の洗濯槽のカビの取り方は安全で超簡単♪


というのは、実際に私自身が木製製品と洗濯槽の両方のカビの取り方を経験して痛感したことです。


「じゃあその具体的な方法ってどうやるの??」


気になりますよね?

では次に、3つのポイントの一つ目であるカビ取り前の準備について見ていきましょう!

洗濯機 カビ 取り方

洗濯機のカビの取り方は超簡単!マスク、メガネ、手袋を準備!


洗濯機の洗濯槽のカビの取り方を安全第一で実践するためには、

  • 保護具の着用
  • 酸素系漂白剤使用上の危険意識

の2点について、身も心もしっかりと準備しておく必要があります!

ではその2点についてそれぞれ見ていきますね☆彡

保護具の着用


簡単効果的かつ安全な洗濯機の洗濯槽のカビの取り方を実践するためには、


まずマスクと保護メガネと保護手袋をする!


ということが非常に大切です。

これがまず一つ目の洗濯機の洗濯槽のカビ取りポイントです!

実は、カビの研究をしていた私としては、洗濯機の洗濯槽についたカビの取り方よりも、むしろこちらの対策の方が大切だと考えています。

なぜなら、私がカビの研究をしていた当時、空中に浮遊してしまったたくさんのカビを無意識に吸い込んでしまって、体調を崩してしまったからです・・・(T_T)

カビの胞子は非常に小さく、人体の肺に悪影響を与えてしまいます。

それに加え、アレルギー物質としても危険視されていますので、私やあなたのように子供をお持ちのご家庭の場合には特に注意が必要です。

私自身がアレルギー体質でしたので、カビに対して特に過剰に反応してしまいました。

洗濯機の洗濯槽に生えたカビといっても、どのような状態で生えているのか目視するのは難しいです・・

もしかしたら、少しの振動や空気の流れで胞子が飛散してしまうような状態の可能性もあります。

だからこそ、万が一飛散してしまってもいいように、マスクと保護メガネは必須なんです!

私は自宅の洗濯機の洗濯槽のカビを取る際、マスクはもちろんしていましたが、あまりのカビ臭さに息をするのもためらうくらいでした(笑)

特に洗濯を終え、だいぶ時間が経った後の洗濯槽のカビ臭は強烈でした・・(T_T)

また、洗濯機の洗濯槽のカビを殺菌&脱色する際に酸素系漂白剤を使用しますので、保護手袋も必須です!

過炭酸ナトリウムは弱アルカリ性ですので、目や皮膚に入らないよう十分注意しましょう!

私はカビの研究をしている頃、手と腕の殺菌のために、皮膚に対して直に殺菌用エタノールを吹き付けていました・・・


「痛っ!!・・・」


という激痛とともに私の皮膚はボロボロになっていきました・・・

あなたは絶対にそうならないよう、必ず保護手袋を着用してくださいね!

エタノールと酸素系漂白剤とでは性質が全く異なりますが、どちらの場合においても皮膚への刺激が強いですから、保護手袋は必要です。

特に過炭酸ナトリウムは無色で臭気がないため、誤飲や誤触にも注意が必要です!

酸素系漂白剤の取り扱いは危険意識を持って!


マスク、保護メガネ、保護手袋同様に、絶対にあなたが念頭に置いておかなければいけないのが、


混ぜるな危険


というキーワードです!


「それは塩素系漂白剤の話じゃないの??」


と思われるかもしれませんが、酸素系漂白剤だからと言って油断は禁物です。

酸素系漂白剤は水ではありません。

れっきとした化学薬品です。

混ざる相手によっては化学反応を示し、特有のガスあるいは物質を産生します。

少し化学的な話になりますが、不安定な物質は反応性が高いんです。

漂白剤は不安定だからこそ化学反応によってカビの細胞を破壊し、カビ色素を破壊できるんです。

それだけのエネルギーを持った液体なんだという認識を持つことが大切です。

メーカーによっても酸素系漂白剤の成分が違いますから、不慮の事態を避けるためにも、


「どんな物とも混ぜずに単独で使用する!」


という意識を徹底してください。

化学反応の危険性を十分に認識しているカビ研究員の私だからこそ、あなたには気をつけてほしいんです。

そして忘れがちなのが部屋の換気です!

取り切れずに空気中に飛散したカビが他の家具などに付着しないよう、換気を忘れずに行いましょう!


「よし!・・じゃあこれで準備は万端ね!・・いよいよカビの取り方だけど・・まずカビを殺菌?脱色?するのかしら??」


はい!その通りです!

では次に、洗濯機の洗濯槽のカビを殺菌&脱色する方法について具体的に見ていきますね!

スポンサーリンク


洗濯機のカビの取り方は超簡単!カビを殺菌&脱色する!


洗濯機の洗濯槽のカビ取りの準備ができたら、次は・・


酸素系漂白剤を使用してカビを殺菌&脱色する


ということです。

これが2つ目の洗濯機の洗濯槽のカビ取りポイントです!

なぜなら、酸素系漂白剤は色物繊維にも使用できる程度の酸化力で、カビ細胞の破壊とカビ色素の破壊を同時にできるからです。

先ほど、漂白剤は不安定という話をいたしましたが、不安定だからこそ起こる化学反応を利用して、カビの細胞を破壊し、同時にカビ色素の破壊による脱色を行えるんです。

しかも、粉末タイプの酸素性漂白剤の場合、主成分が過炭酸ナトリウムですから、分解反応時に生成するのは酸素と水と炭酸ナトリウムで、いずれもほぼ無害なものです。

洗濯機の洗濯槽を傷める心配がありません♪

環境にも洗濯機にも優しい漂白剤なんです(^^♪


あなたのお使いの洗濯機の洗濯槽についているカビの度合いと酸素系漂白剤の種類によって、

  • 使用する水の温度
  • 酸素系漂白剤の量
  • 漬け置き時間

は変わってきます。

あなたが購入される酸素系漂白剤裏面等に記載のある取扱注意事項や使用目安量、用法をよく読み、あなたの洗濯機の洗濯槽と使用される酸素系漂白剤に合った使用方法を用いることが大切です。

酸素系漂白剤でのカビの殺菌とカビ色素の脱色が終わったら、必ず、たくさんの水でよくすすいで、漂白剤のすすぎ残りがないように気をつけましょう♪

ちなみに私の場合は、次の方法で超簡単に洗濯機の洗濯槽のカビを取ることができました♪

  • 40℃~50℃のお湯を洗濯槽の高水位まで入れる
  • 過炭酸ナトリウムを投入(100g/水10L)
  • ※過炭酸ナトリウムは分解反応時に熱が出るため、大量に入れないように注意!

  • 5分撹拌して1時間漬け置きする
  • 再び5分撹拌する
  • 浮かんできたカビ汚れを取り除く
  • すすぎ~脱水処理を3回行う(カビ汚れが出てこなくなるまで)

あなたがお使いの洗濯機がドラム式の洗濯機の場合は、方法がメーカーごとに異なりますので、洗濯機の取扱説明書通りの工程で行うようにしましょう!

びっくりするほどカビ汚れが浮き出てきますよ(驚)


「よし!・・これで洗濯機の洗濯槽のカビの殺菌&脱色は終わったわ!・・じゃあ次は洗濯槽を乾燥?させるのよね??」


そうです!おっしゃる通りです!

では最後に、洗濯機の洗濯槽の乾燥について見ていきますね!

洗濯機 カビ 取り方

洗濯機のカビの取り方は超簡単!仕上げに洗濯槽を乾燥させる!


洗濯機の洗濯槽のカビを殺菌し、カビ汚れを取れたら、仕上げとして・・


洗濯機のフタを全開にし洗濯槽の乾燥をする


ということが必要です。

なぜなら、洗濯機の洗濯槽を乾燥させることによって、再びカビが洗濯機の洗濯槽に生えてこないようにするためです。

これが3つ目の洗濯機の洗濯槽のカビ取りポイントです!

実際に我が家でも最後の作業として、洗濯機のフタをフルオープンし、洗濯槽を乾燥させました。

私は洗濯が終わった後必ず洗濯機のフタを開けるようにする習慣がありませんでしたので、まずは洗濯が終わったら必ず洗濯槽のフタを全開にさせる癖づけから始めましたよ♪

たまにうっかり忘れてしまうときは妻に必ず


「・・ちょっとぉ~・・また洗濯機のフタ閉まってる!」


と怒られてます(汗)

家族全員で洗濯機の洗濯槽を乾燥させるよう意識して以来、洗濯機のカビによる洗濯物のカビ臭さは一度も感じなくなりましたよ(^^♪



スポンサーリンク


洗濯機のカビの取り方は超簡単!カビ研究員が実践する3つのポイント!まとめ


最後までご覧くださり、本当にありがとうございました!

以上、「洗濯機のカビの取り方は超簡単!カビ研究員が実践する3つのポイント!」について見てきました。

  • カビ取り前の準備を怠らないこと!
  • 酸素系漂白剤を使用(過炭酸ナトリウム粉末)すること!
  • 洗濯槽をよく乾かすこと!

この3つのポイントを知った今、洗濯機の洗濯槽のカビに対するあなたのショックなお気持ちは解消されたのではないでしょうか♪

カビは見た目も最悪ですし、特に肺への影響やアレルギーへの影響が心配です。

毎日の洗濯に使う洗濯機がカビていたらなおさら心配です・・

子供さんを育てていらっしゃるあなたの状況を考えれば、洗濯機の洗濯槽のカビに気づいたときは相当ショックでご不安になられたんだろうと思います・・

そのお気持ち、私もよく解ります。

でも!この3つのポイントがありますので、もう大丈夫ですよね!!(^^♪

洗濯機の洗濯槽のカビの取り方以外にも、畳やカーテンなどのカビの取り方もコチラで詳しくお話しています♪ぜひご参考くださいね♪
畳のカビの取り方は簡単!カビ研究員が教える効果的な4つのポイント!

フローリングのカビの取り方は慎重に!失敗しない4つのポイント!

カーテンのカビの取り方は簡単!カビ研究員おすすめの3つのポイント!

洗濯機の洗濯槽のカビの取り方だけに限らず、何かご心配なことやご不安なことなどございましたら、一人で抱え込まずに、いつでも私にご相談されてくださいネ(^_-)-☆



スポンサーリンク