やっほー(=゚ω゚)ノ

fukufuku

ブログ管理人のふっくんです!!

私は今年の誕生日で30代前半も折り返しに入るんですが、こういうときにふと思うんですよね・・

母子家庭だった自分の幼少期のことを。

恥ずかしいので直接母には伝えられないんですが、

「あ〜・・あのときこういうことがあったよな」

とか思って、一人夜中にジワっときたりしちゃうときがあるわけですよ(笑)

こういう複雑な気持ちを文章に残しときたいなぁって思ったのもあるし、同じような母子家庭の境遇のあなたともたくさん共感し合いたいから、今回記事を書きました!(^^)

fukufuku

私の母子家庭体験談から何か感じ取って、共感してもらえたらふっくんは嬉しいです!(*^-^*)☆


私が母子家庭になったきっかけ

母子家庭 体験談

まずはふっくんこと私が、母子家庭になったきっかけからお話しますね!☆

私が母子家庭になったきっかけは・・

  • 中学二年生の時の両親の離婚

でした!

でもそれがもうほんとに大変で・・

中学二年の時の夜逃げ

母子家庭 体験談

離婚当時の家庭環境を詳しく言うとちょっとあれなんですが、DVがすごかったんですよね・・

身体的な暴力、精神的な暴力、家庭内でたくさん横行してました(T_T)

その対象は母親にも私たち子どもにも向けられていて、常に父親の顔色をうかがいながら毎日ビクビクおびえて生活してました(´;ω;`)ウゥゥ

だからこそもう逃げたかったんです・・

そんな時に、姉が・・

「お母さん、もう今しかないよ!逃げよう!」

って言ってくれたんです!

その一言で母もやっと決心できて、父親が寝ている時を見計らい、母と私と姉と妹の4人でその家から避難しました(・・;)

まさに夜逃げですよね・・

なかなか離婚させてくれない父親

母子家庭 体験談

とりあえず着の身着のまま逃げたはいいものの、肝心の離婚処理を父親が全然させてくれなかったんです!(;´Д`)

離婚届に判を押してくれさえすればいいんですが、それを全然してくれなくて・・

その間、執拗(しつよう)に付きまとわれて、毎日が本当に恐怖でした・・

そんな状況ですので、当然警察や裁判所に逃げ込むことも日常茶飯事。

ふつうの子供って、中学生の時に何回も警察署でヒアリング受けたり裁判所行きます??

もうこの時点で心がぶっ壊れて、離人症発症でしたよ・・

あ、そんな私が経験した離人症についてはコチラで詳しくお話してます↓

離人症の治療(完治)の期間は?1年間で離人症が完治した私の体験談!

最後は強制的に離婚

母子家庭 体験談

そんなこんなで、辛い日々を家族4人で耐え忍んでいたんですが、法的な力を借りて、やっと強制的に離婚できました

子供として、最後の決断は正直複雑でしたが、殺されるかもしれない切羽詰まった状況ではそんな悠長なこと言っていられなくて、法的に離婚させました。

この瞬間から、私は正式に母子家庭になったんですが、今になって振り返ってみても、この時の判断は絶対に正しかったと確信してます!(=゚ω゚)ノ

fukufuku

だからこそ、母子家庭で育って良かったなぁって今でもずっと確信できてるんです!


母子家庭で育って良かったこと

母子家庭 体験談

これまでの人生、ボクはまだ三十数年しか生きてませんが、どのタイミングでも、母子家庭で育って良かったなぁって思ってます!

具体的に言うと・・

DVから解放されたこと

まず良かったのは・・

  • DVから解放されたこと

ですね!

いわゆるドメスティックバイオレンスのことですけど、この父親からの暴力から解放されました!

このことは母と私たち子どもにとって本当に本当に良かったです!

逃げてる間も常に殺される恐怖におびえてましたが、一緒に暮らしてた当時はもっと悲惨でしたから・・(´;ω;`)

その恐怖から解放されたことの意義はめちゃくちゃ大きかったです!

母の笑顔が見れたこと

母子家庭 体験談

次に良かったことは・・

  • 母の笑顔が見れたこと

ですね!

離婚してからもいろんな心労が重なって、泣いている時もありましたが、少なくとも時折見せてくれたあの笑顔は、今でも子供心に鮮明に覚えていて嬉しかったです!(^^)

あ、だからといってふっくんは別にマザコンじゃないよ(笑)

むしろ逆だから(笑)☆

大学に行けたこと

母子家庭 体験談

あともう一つ良かったことがあって、それは・・

  • 大学に行けたこと

です!!

DVやストーカーの恐怖から解放されたことで、勉強にすごく集中できたんです!!

まぁ勉強だけが全てじゃないんだってことは、あとから実感したんですが、でもそれでも大学でカビの研究ができたこと、バイオレメディエーション(微生物を使った環境浄化技術)の基礎を学べたことの意義はめちゃ大きかったです!(^_-)☆

実際今もその専門的な経験を活かしてカビ研究員やってるわけですし(=゚ω゚)ノ

もしカビのお悩みがあったらいつでも気軽にご相談くださいネ(^_-)☆

タンスのカビの取り方は簡単!カビ研究員が実践する4つのポイント!

フローリングのカビの取り方は慎重に!失敗しない4つのポイント!

fukufuku

じゃあ母子家庭になって逆にわるかったことはというと、ふっくん的には・・


母子家庭で育って後悔はない

母子家庭 体験談

母子家庭で育ってわるかったことなんてみじんもありません!(*´▽`*)

後悔なんてゼロ

ですわ!!(^^♪

母子家庭で肩見狭い思いするシーンも体験したけど

そりゃね、生きてりゃいろんなシーンで・・

「あーね、母子家庭だから・・」

って肩見狭くなっちゃうシーン多々ありましたけど、私からしたら・・

「ん?だから何?(笑)」

って感じですよ〜(=゚ω゚)ノ

だってあの時母子家庭になるという選択をしていなかったら、今頃殺されてたかもしれないんだから☆彡

命あってなんぼですよ!(^_-)☆

母子家庭でもいいじゃん!

だからこそふっくん(私)はいつも思うんです!

『べつに母子家庭でもイイじゃん!ウェイ~(*´▽`*☆彡』

って(^^♪(笑)

今の世の中片親世帯半数以上いるって言われてますし、ふっくんの感覚的には実際はもっといると思います。

だから別に特別なことでも何でもないし、今となってはごくごくフツーの家族のカタチなんですよ(≧▽≦)☆

だからもし、同じ片親世帯のあなたがそういうことで悩んでいるのなら、そんなの全然気にしないで大丈夫(^^♪

fukufuku

ちょっとでも辛くなったらいつでもふっくんに気軽に相談してくださいネ~(^_-)☆

母子家庭で育った私の体験談まとめ

最後までご覧くださり、本当にありがとうございました!!

以上、母子家庭で育った私の体験談について一緒に見てきました☆彡

いかがでしたか??

ふっくんは基本、というか常にポジティブシンキングなので、母子家庭が理由で考えることはあっても、深く悩んだことなんてありません(=゚ω゚)ノ

後悔もみじんもありませ~ん(笑)(^^♪

母子家庭もフツー

父子家庭もフツー

片親だからって遠慮して生きてく必要なんてないんです!

堂々とポジティブオーラ全開でいきましょ(^_-)☆