ウチ、母子家庭だけど子供を大学に通わせてやりたい・・

fukufuku

こんなあなたの思い、私はめっちゃ共感します!!!

なぜなら、私の家庭がまさにそうだったからです!

ふっくんこと私が母子家庭だということはすでに以前お話してある通りなんですが、やっぱ大学進学を考えた際・・

「でもウチ母子家庭やもんな・・きっと経済的にあれやけんあきらめるしかないんかな」

って感じてましたもん(´;ω;`)ウゥゥ

で、それを察した私の母も私が大学に進学できるようにいろいろ苦心してくれましたから、

  • 入学金はどうやって賄(まかなう)うの?
  • 授業料はどうやって賄うの?
  • 生活費はどうやって賄うの?
  • 一人暮らしはさせてあげられるの?

っていうあなたの今の不安なお気持ちは痛いほどよく解るんです!

だからこそ私はあなたに・・

fukufuku

大丈夫!母子家庭でも無理なく大学に通えるよ!』

ってお伝えしたいんです!

お金がないから大学をあきらめんるんじゃなくて、なくても通える工夫や準備をすればいいんですよ!!

そういった工夫や準備をして大学を卒業できた私の体験談もふまえながら、一緒に詳しく見ていきますね!(*^-^*)

このお話を読んだ後にはきっと・・

なぁーんだ♪母子家庭でも大丈夫やん♪

って思えるはず!(=゚ω゚)ノ☆彡

母子家庭でも入学金はこうやって賄(まかな)える!

母子家庭 大学進学 学費

母子家庭で大学進学を考える場合、まず最初のハードルになってくるのが・・

入学金をどう工面するか?

ってことですよね!!

大学進学で必要な学費の中でもまず一番最初にぶちあたる壁です(;´Д`)

高校生の時から奨学金を受ける

母子家庭 大学進学 奨学金

大学の入学金となると、まぁ進学するのが私立か国立かにもよりますが大きな金額になりますよね?

数十万用意しなきゃいけない場合が多いです。

私の場合は国立大学で約20万でした!

普通に考えたら、そんなまとまったお金当然母子家庭だとすぐに用意できないわけですよ。

だからこそ!

  • 奨学金

という選択肢があると私は思うんです!

無利子の奨学金を狙う

母子家庭で入学金を工面するための一つの方法として、私は・・

  • 無利子の奨学金

を申請するのがイイと思います!

基本的に奨学金には無利子タイプと有利子タイプがありますから、無利子の方を狙うようにしましょう!

受け取った奨学金のうち、どれくらいを入学金にあてるかはその家庭家庭によると思いますが、無利子タイプの奨学金であれば無理のない計画が立てられると思います。

返還不要タイプの奨学金なら尚可!

また、今となっては非常にレアなケースかもしれませんが、場合によっては・・

  • 返還不要タイプの奨学金

もあります!

これなら大学進学における入学金対策がとても楽になりますので、もしそういった奨学金を見つければ厳しい応募条件でも積極的にトライしてみた方がイイです!

私が高校生の時に積み立てられた体験談

母子家庭 大学進学 奨学金

そんな私は、高校生の頃・・

  • 3年間で180万

積み立てられました!

後から母から聞かされてわかった金額です。

そのために頑張った条件としては・・

  • 高校の勉強成績で常にトップを維持した
  • なるべく奨学金に手を付けないで済むよう母がやりくりを頑張った

でしたね!

こんだけの金額があれば、母子家庭でも大学進学の入学金を心配しないでいいですよね!

私立大学の入学金でも十分困らないと私は思います!

fukufuku

入学金の不安をクリアしたら、次に気になってくるのが『母子家庭でどう授業料を工面していくか?』ってことですよね!


母子家庭で大学授業料を工面する方法は?

母子家庭 大学進学 学費免除

当時、私の入学した国立大学の場合・・

前期で約25万、後期で約25万の年間約50万の授業料

が必要でした!

私立大学に進学すればもっと多額の授業料に…(;^_^A

母子家庭の平均年収を考えると、とても簡単に出せる金額ではないです(´;ω;`)ウゥゥ

この難題をどうクリアするかなんですが・・方法はあります!!!!!

好成績を取って免除申請する!

母子家庭 大学進学 学費免除

簡単な話ですよ(^^♪

  • 大学の授業料免除申請

しちゃえばいいんです!!☆彡

むしろ母子家庭などの特別な経済的理由がある場合に申請できる制度ですから、これをフル活用しない手はないですよね!!

ある意味母子家庭の特権かも(*´▽`*)☆彡

でもだからといって、申請しさえすれば誰でも簡単に免除になるわけではないですよ。

大学の授業料を免除せざるを得ない経済的な理由を証明しなきゃいけませんし、何よりも・・

大学の科目での成績が極めて優秀

である必要があります!

私の個人的かつ経験的な目安ではありますけど、少なくともどの科目も成績が優以上、秀が多ければ多いほど免除申請が通りやすいと思います。

あ、成績ランクとしては・・

秀 優 良 可

の順で評価されますから、100点満点でいうところの95点以上か80点以上といった感じ☆彡

ま、要は大学で授業料免除してもらいたいなら超優秀な学生になりなさいってこと!(笑)

ある意味特待生みたいな感じなのかもしれませんね〜♪

授業料全額免除できた私の体験談

母子家庭 大学進学 学費免除

んで私が大学進学した際に実際どうだったのかというと・・

  • 全額免除されました☆

これは正直めっちゃ嬉しかったですし、助かりましたし、これがあったからバリバリ母子家庭の私でも自力で大学卒業できたんだとめちゃ感謝してます!

そりゃもちろん、母子家庭で経済的に授業料が支払えないことを証明する作業が必要ですし、なにより勉強を超頑張らなきゃいけませんから、大変ですよ(;^_^A

そんな私の大学での成績はというと・・

科目の6割が秀、残りは全部優

でした。

私はセンター試験の成績も悲惨で、頭がいい方では決してありませんでしたので、とにかく暗記とかレポート課題とか努力でなんとかなる面で徹底的にカバーして秀を取りまくっていきました(笑)

勉強ができる仲のいい友人とテスト勉強してる際、

「ふっくん、なんでこんなのも解らんと?フツーに計算せんでもわかるやん(笑)」

って言われまくりでしたけど、バカなりに計算過程とか超絶暗記してホント必死でしたね・・(笑)

まぁでも、高校とは違って、単純なテスト点数だけでは評価されないとこも大学ならではですから、出席態度も含めたトータルの成績で秀を狙う的な感じでいいと思います(。-`ω-)!

こんな風に、自分が頑張りさえすれば自力で何とかなるんだ!授業料も心配しなくてすむんだ!って思えましたから、母子家庭でも授業料の面で全然ご心配されなくてもいいですよ(^^)

もし母子家庭で大学進学後の授業料に悩んでいるなら、免除制度をフルに活用しちゃいましょう!

最近はいろんな環境変化もあって、全額免除よりも半額免除になるパターンが多いけど、全額免除目指せないわけじゃないから、ガチで頑張りたいですよね!☆彡

fukufuku

さぁ!入学金も授業料も心配いらないことは分かってきましたけど、じゃあ大学ライフの生活費はどうすんの?って不安が次に残りますよね!


母子家庭の場合生活費はどうするの?

母子家庭 大学進学 生活費

ノンノンノン(^^♪

そこも心配いりません☆彡

母子家庭でもご安心を!

確かに、フツーに大学の近くのアパートやマンション新しく借りて生活しだしたら、そりゃ月に何万も生活費発生しますからしんどいです(;´Д`)

でもそうしなくても大学生活を激安で送れる方法があるんですよ!

学生寮に入って家賃を超節約!

母子家庭 大学進学 生活費

その一つが・・

  • 学生寮に入寮すること

です!

これすればフツーにアパートやマンション借りるよりも超激安に大学生活が送れるんです!

まぁ大学の種類にもよりますけど、学生寮に入寮できれば、家賃なんてほとんどかからないようなもんですからね(笑)

何万もする家賃が数千円程度で済むんですから、母子家庭には超心強いです!!

バイトをして食費と雑費を賄う!

母子家庭 大学進学 生活費

母子家庭でも家賃の問題がクリアできたら、あとは食費や雑費ですよね!!

大学生ですから、サークルメンバーと遊んだりご飯食べに行ったりするのにも結構お金必要です(;^_^A

そこの部分は・・

  • アルバイトして賄う

ようにしましょう!!

勉強と両立できる無理のない範囲のバイトでも、私の経験上、月に4万くらいは稼げるはずですから、これで食費と雑費十分賄えますよね(*´▽`*)☆彡

親からの仕送りゼロでも生活できた私の体験談

母子家庭 大学進学 仕送り

じゃあ実際私の場合、リアル大学生の頃どうだったのかというと・・

親からの仕送りに一切頼らず生活できました

そう!

仕送りゼロ円生活できたんですよ(^_-)☆

だって実際こんな感じでしたもん↓

私の仕送り0円生活

  • 大学授業料全額免除だからタダで講義受けられた
  • 大学寮に住んだから家賃光熱費込みで月数千円レベルに抑えられた
  • スーパーで食品アルバイトして食費と雑費を自力で稼げた

ね?

母子家庭でもお金の心配いらないでしょ?(笑)

大学進学の不安感消えちゃうでしょ?(笑)

そりゃあもちろんね、学生寮は風呂トイレキッチン共同だったりするし、めんどくさいイベントや行事も多いですよ(;^_^A

けどさ、加えて勉強とバイトさえ頑張れば母親に気苦労かけずに母子家庭でも仕送りゼロで卒業できるんだもん!

だったら絶対やるっきゃないっしょ(笑)(^_-)-☆

fukufuku

大学進学を考えた際の3つの悩みである入学金と授業料と生活費、この3点セットがこんなにも解決するのなら、母子家庭でも子供に一人暮らしさせてあげられるんですよ♪


母子家庭でも一人暮らしは可能!!

母子家庭 大学進学 一人暮らし

これまで見てきたように、

  • 入学金
  • 授業料
  • 生活費

の3点の不安が解消しますから、経済的に厳しい母子家庭でも大学進学をポジティブに考えられるんですよ!

つまり・・

  • お子さんに一人暮らし全然させてあげられる

んです!

母子家庭って、確かに経済的に苦しいですけど、勉強さえ頑張って、ぜいたくさえしなければ一人暮らし出来るんです!

というより、授業料免除や学生入寮の条件などを考えれば、むしろ母子家庭だからできるチャンスはたくさんあるって私は確信してます!

まさにピンチはチャンス!

母子家庭だからといって、大学進学をあきらめないでくださいね!(^_-)☆

母子家庭でも大学進学して一人暮らしできた私の体験談!まとめ

最後までご覧くださり、本当にありがとうございました!!

以上、経済的に苦しい母子家庭でも大学進学できるということについて、一緒に詳しく見てきました☆

いかがでしたか??

これでもうだいぶ、大学進学における経済的な不安感は吹き飛んで希望の光が見えてきたんじゃないでしょうか?(*´▽`*)☆彡

実際に、ふっくんこと私が、親の仕送りに一切頼らず自力の努力と周囲からのサポートのみで大学に進学し、ストレートで卒業できましたから、ぜひ安心されてくださいネ!(^_-)☆

私の体験談を含めた今回のお話が、母子家庭で大学進学に悩むあなたのお役に立てたなら、とっても嬉しいです!(^^)

今回のお話に関連して、母子家庭になった私の体験談などはコチラで詳しくお話しています!

ぜひあわせてご参考くださいネ♪

母子家庭で育った私の体験談!良かったことはコレ!

fukufuku

大学進学においてもそうですが、母子家庭でもできること、チャレンジできることはたっくさんありますので、何か悩みがあればいつでも気軽にご相談くださいネ(^_-)☆